【就活】病院薬剤師はオススメです!

 薬剤師さん・薬学生むけです。

主張

就職先に迷うなら、病院薬剤師がぜひオススメできます。

病院薬剤師をオススメできる理由

①やりがい・仕事が面白い
②薬の知識が広がる
③生涯給与が案外高い
④将来性がある(なくならない)
⑤職場内で出逢いが多い
⑥投資家なら、財務帳票以外の「現場感」で将来がみえる

もちろん、病院薬剤師ならではの苦労・理不尽もあります。それはコチラです。

【リアルアンサングシンデレラ】病院薬剤師の大変な仕事
医師・看護師・リハビリ技師といった職種の仕事は、何か解りますよね?じゃあ病院薬剤師の仕事って、何やってるか解りますか?医療関係じゃない人病院薬剤師といえば薬を処方箋通りにつくって、袋詰めして渡す仕事だ。それなのに高給取り...

具体例1:やりがい・仕事が面白い

病院薬剤師は薬剤師の職種の中で、いちばんおもしろいと言われています。

なぜなら、医療を全体からみられるからです。

医療の、具体的な流れをおさらいします。

<医療の全体的流れ>
受診➡診察➡病名付け・処置・治療方針決定➡処方せん発行➡投薬➡(必要なら)訪問看護・訪問薬剤師指導

この中で、病院薬剤師はすべての情報をとることができます。病名も、全ての治療薬もぜんぶ電カルで一発検索できます。患者さんの人間模様もみえます。(というかそこまで情報を集めないと、指導できません)知りたい事が何でも知れるのが、病院薬剤師のいいところです。

だから「やりがいあって面白い」と言われているのです。

比較:調剤薬局薬剤師は、薬剤師のなかで一番多いですが関われるのは投薬・訪問薬剤指導のみです。全体的ではありません。そしてここの部分だけを、1日の投薬患者数だけやります。断片的で多人数なんです。

余談:僕の例➡➡これだけの経験をしてきました。

●調剤薬局薬剤師:10年。総合病院前と個人クリニック前、管理薬剤師と派遣薬剤師、全て経験済。
●ドラッグストア薬剤師:3年。ショッピングモール内と田舎のドラッグストア両方を経験。
●漢方相談薬剤師:1年半。(ドラッグストア経験と並行で)
●卸の管理薬剤師:1年。
●病院薬剤師:3年(現在)

それぞれにいいところは沢山ありましたが、その中で変なクレームもなく、仕事に集中できるうえに面白いのは、病院薬剤師です。

具体例2:薬の知識が広がる

薬を知るなら、病院薬剤師がいちばんです。知識が広がります。

なぜなら病院薬剤師は、内服薬以外にも注射・処置薬も触るのでくわしくなるのです。

具体例を挙げましょう。例えば脳梗塞の患者さんだと、退院後の院外処方で「バイアスピリン・クロピドグレル・エフィエント」あたりは良く触ります。ですが入院中初期にエダラボン・オザグレル点滴を使うとかは、病院内でしか解りません。点滴や、急性期治療薬というのは病院でしか決して目にしないんです。

別の例として、内服薬でも病院のほうが詳しくなれます。たとえば大腿骨を折って整形外科入院した患者さん。ソセゴン注射、トラマドール、ロキソプロフェン、セレコキシブ、カロナールと鎮痛剤があるとします。これ強さ順や、一緒に使えない薬わかりますか?

●オピオイドμ作動薬:ソセゴン注射>トラマドール錠
●NSAIDs:ロキソプロフェン錠>セレコキシブ錠
●カロナール
上記で、同じ系統の薬は1つしか使えない

こうなのですが、鎮痛剤の調節は入院中のほうが細かくやるので、強さ順なんかは病院に居た方がわかるんです。(さらに余談をいうと、NSAIDsの潰瘍予防胃薬はミソプロストールは無意味で、ランソプラゾールなら有効だと、消化器内科Drが言っていました。こういう知識も病院のほうが多いです)

また別の例として、例えば薬剤師でない友人に薬の事効かれた場合。僕は病院薬剤師になるまえ、6歳の息子をもつ友人から注射薬ステロイドの事を聞かれました。その時即答できず、「病院行かないと、本当に薬知ってるとは言えないなぁ」と思いました。

さらに別の例では、東日本大震災のような災害時。東北地方で薬剤師が不足して、薬剤師ボランティア募集がかけられました。この時応募しようとしたのですが、「病院の薬知らないと、来てもらっても意味はない」と言われました。物資や薬が不足していて、点滴薬や注射薬もごちゃまぜになってる状態だったので、病院の薬知ってないと頼りにならないんですね。いざって時、頼りにされるのは病院薬剤師なんだなぁ・・・って思ったものです。

・・・だから、薬に詳しくなるのなら病院薬剤師だ、と断言できるんです。

具体例3:生涯賃金

病院薬剤師の生涯賃金は、案外悪くないです。(高収入とまでは言えません)

なぜなら最初安くても、段々着実にあがるからです。

具体的に僕の例をだします。アラフォーの病院薬剤師ですが、扶養手当・児童手当・残業代なしでも500万くらいはもらえています。さいしょは安かったのですが、昇給はすごく早いんです。でも反対に大手調剤薬局に居たときは、業績いいのにボーナス満額貰えなかったり、昇給が全くなかったりで安かったです。

実際の生涯年収は、ドラッグストアだと2億3000万円、病院薬剤師だと2億800万円くらいだそうです。たしかに安めなのですが、ドラッグストアなどの求人広告でみるような、派手な差はつきません。これはドラッグストア求人広告は派手な年収を載せても、案外ボーナスを満額で払わなかったり、昇給ゼロだったり、全国勤務OKした場合の手当をのせての金額だったり、残業代込だったりするからです。

病院薬剤師の求人が安く見えるのは、人材不足ではないから、派手な求人広告をうたなくても人が集まるからなんです。生涯年収でいえば、そんなに差はつかないです。というか僕の年収は、田舎の調剤を辞めたとき<病院薬剤師2年目(扶養手当などなし)、となってしまいました。実際はこういうもんです。

具体例4:将来性がある

薬剤師は病院のほうが、調剤薬局・ドラッグストアよりも生き残る可能性が高いです。

なぜなら診療報酬改定で、調剤薬局は冷遇されても病院は冷遇されないからです。

実際の診療報酬改定をみてみましょう。厚労省発表のこの表です。

厚労省HPよりp29

医科は伸びていますが、調剤は+0.16%となっています。これは高齢化での患者さん数増加のためなんです。調剤報酬はむしろマイナスされていて、同じことやっても儲からなくなっています。

そして薬価の▲0.99%ですね。薬価を切り下げられてるので、薬価差益(例:薬価800円の薬を720円で仕入れて、80円を利益にする)は小さくなります。薬価差益の部分は調剤薬局では死活問題ですが、病院ではあまり痛くない話です(高額な分子標的薬の多発で、最近は少し痛いけど)。

またリウマチの治療薬が「院外処方せんの内服薬・自己注射薬」から、「病院内での分子標的薬の処置」にかわりつつあります。たとえばオレンシア静注という20万円するクスリがあって、これは院内でしかできません。オレンシアで調子がいいと、院外処方の「リウマトレックスカプセル」などは不要になります。つまり病院の薬価差益・処置コストはとれても、調剤薬局の処方箋代は減っているのです。しかもリウマチにかぎらず、こういう例は多いです。

みんなの感覚もそうですよね。例えば某日本2位調剤薬局チェーンの社長が、年収7億円貰っているのは有名ですね。みんなが「調剤薬局ごときでその年収はけしからん、もっと調剤報酬を減らしていい」と考えて当たり前です。「病院はなくなったら困るけど、調剤薬局はなくなっても大丈夫。だって院内処方でいいやん」って考えもあります。

ですから、病院は将来性があります。

具体例5:職場内で出逢いがある

病院薬剤師は、出逢いが多いですよ。院内カップルが実に多いです。

なぜなら、病床数150とかの小病院でも、スタッフ200人とかと毎日一緒に働くからです。

これまた僕の病院の例ですが、男のリハ技師×女看護師、男の放射線技師×女検査技師、男女の看護師、男薬剤師×女検査技師、なんて例は無数にあります。

僕は病院薬剤部なので部門内は5人ですが、ちょっと廊下に出る・食堂に行く・委員会に行くなどすれば他部門(他職種)とはいくらでも顔を合わせます。このような「毎日顔を合わせるけど、がっつりの仲ではない」場合は、結構プライベートのしょうもない話しをしやすくて仲良く慣れたりするんです。腹を割った話や相談は、案外他部門(他職種)のほうが話しやすい。だから、くっつくことも多いんです。

おまけに病院内はスポーツサークル、忘年会、バーベキューなどのイベントも盛りだくさんです。出会えるチャンスはいくらでもあるんですね。

皆さんの先輩・病院行った友人なんかでも、院内カップルの例は結構多いと思います。

ですから、病院薬剤師は出逢いがおおくてオススメ、といえます。

具体例6:投資家なら、財務帳票にない将来性もわかる

投資をやる場合も、病院薬剤師は色々と有利なんです。

なぜなら病院薬剤師というのは、内服薬だけでなく処置薬・点滴薬にも詳しくなれるからです。あつかう情報量が多いから有利なんですね。

たとえば点滴薬といえば、超高価で売上上位をしめる分子標的は、ほとんど点滴薬になります。だから病院薬剤師にしか、解らないのです。それで整形外科の先生が「最新の学会発表で、ヒュミラ注射はリウマチへの有効性がはっきりわかった。これから使用回数増やすよ」といえば、自分の病院だけでなく全国的に、ヒュミラの使用量がふえること予想つきます。ヒュミラ=アッヴィ社の株が上がるだろう、ともね。

抗がん剤のレジメンも、情報量は病院が圧倒的に多いです。レジメン動向がわかれば、どの会社が伸びそうかとか、大きな情報源になるのです。そしてこういった情報は、インターネットで拾える財務帳票(Annual Report、10K形式のやつ)ではわからないのです。

ですから病院薬剤師は、投資家としてもアドバンテージが大きいのです。

反論への理解

病院薬剤師は難しそうだとか、Drや看護師が怖いという声を耳にします。僕の職場にも新人が入ったのですが、さいしょは看護師さんコワイ、Drに喋れない、だなんて言っていました。ですが彼らは業務上必要なことであれば、話をちゃんときいてくれます。毎日あっていれば、邪険な態度は薄れてきます。警戒心がだんだん解かれるからですね。

給与が安いってイメージがあるのですが、それは人材不足がひどい調剤薬局・ドラッグストア業界が給料を盛って話しているから、相対的にそうみえるだけです。じっさい同じ地域で調剤薬局➡病院と転職した僕は、早くも2年目で調剤薬局時代を抜いてしまいました。

病院薬剤師はほかにも、託児所などの福利が手厚いとか、自分が体調くずしても時間外で待ち時間なしで診てもらえたりとか、いろんなメリットがあるわけです。

転職するなら・・・

転職エージェントに、片っ端から登録しましょう。

だいたい5社くらい登録するといいです。

なぜなら5社というのは例えばA社が「これ以上探せない」といっても、ほかのB社なら違うつてでみつけてくれたりするからです。たとえば徳洲会病院のつては信頼を得ているE社しかないとか、いろいろあるわけです。

私が使って、親切だなとおもった会社を紹介します。

登録のリスク

登録すれば職業探し~就職までずっと、私たちは一切費用かかりません。

しいていうなら、でんわやメールはジャンジャン来るのでその対応は忙しくなります。またエージェント担当者によっては、話半分で「これどう?いまだけだよ!」って押し付けてくる所もあります(僕は経験済、そういう会社は僕のサイトで案内しません)。

オススメの転職エージェント

薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」

日本調剤の子会社で、「ファルマスタッフ」という会社です。ここはどんな田舎店舗であっても、担当者さんが見学のときまでついてきてくれます。もちろん病院案件も探してくださいます。

就業条件・待遇の提示もわかりやすいです。すべての病院に対して、同じExcelフォームで書いて下さるので比較するときがラクなんです。

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

ここの良いところは、病院案件がとても多い事です。うちの病院も薬剤師不足だった時期が有り、ここに載せたらすぐ応募がありました。病院案件に強いんですね。

当然、担当者も慣れています。前回の転職のさい、僕はお世話になったのですが親身な印象をうけました。オススメです!

転職見つかったら・・・

就職先が見つかったら、速やかに見つかったので探さなくて大丈夫です、とだけ連絡入れてください。転職エージェントたちは無料で、貴方の為の案件を捜し続けてくれてるはずなので。

さいごに

就職先を迷う方々。迷うのであれば病院薬剤師もぜひ、選択肢に加えてください。もちろん苦労や理不尽もたくさんあります(次の記事を参照)。

【リアルアンサングシンデレラ】病院薬剤師の大変な仕事
医師・看護師・リハビリ技師といった職種の仕事は、何か解りますよね?じゃあ病院薬剤師の仕事って、何やってるか解りますか?医療関係じゃない人病院薬剤師といえば薬を処方箋通りにつくって、袋詰めして渡す仕事だ。それなのに高給取り...
【過失責任あり】退院指導で、間違えない服薬指導を
病院薬剤師さんみんなを悩ませる事といえば、これですよね。病院薬剤師退院したら、もう病院薬剤師は手出しできない。退院後も家で完璧に飲ませるには、どうしたらいいのか?病院薬剤師にとって退院指導、大事なんです。責任は...

いい事ばかりいっていては信頼できないと思うので、マイナス面も知っておいてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました