【割安ETF】VTV(2021年5月現在)

おすすめETF

S&P500銘柄のうちで、「バリュー株(=割安株)」連動するETF銘柄の「VTV」について。現時点での最新構成銘柄も記載しました。

そもそもどういうETF銘柄?

VTVの意味は、「CRSP USラージキャップ・バリュー・インデックス」に連動させて銘柄構成させたETFです。ラージキャップ=時価総額上位85%です。バリュー株とは、配当利回りの高さ・PERの安さ等の「割安性」から、総合点で定義されています。

※ちなみに「バリュー株(割安株)」だけを狙ったETFはあまりありません(SPYD、HDV、VYMは高配当でないと選出されないので、BRK Bの様な無配の割安株が無視される)。「グロース株」狙ったETFなら「QQQ(ナスダック100連動)」「VUG(時価総額上位85%の株のうちグロース株)」などがあります。

構成内容は、ほぼ100%が株です。

※当サイト各所で
長期リターンは株>>長期債券>短期債券>金>現金 
リスクも株が最小
 とお伝えしているので、株100%投資のETFは強くオススメしています

VTVの経費率は現在、0.04%となっております。最も安くて効率的と言われる投資信託eMaxis Slim米国株式(S&P500)の0.0968%よりもさらに安いです。かりに25株=約100万円分もっていたとして、1年で400円の維持コスト、ほとんどタダみたいなもんです。

その構成業種(セクター)は?

VTVのセクターは結構偏っていて、S&P500の構成とはずいぶん違い、SPYDと似ています。

これは情報技術セクター等のハイテク株が、割安株からはかなり除外されているからです。ハイテク株は将来への期待が高いから、利益に比べて株価が高くなって、割安とはいえなくなってしまうからです。

SPYDは高配当のバリュー株がコンセプトでした。いっぽうこのVTVはバリュー株(割安株)でさえあればOKです(高配当でなくてもよい)。その為配当を支払わない・低配当である割安株も入ってきます。例えば「バークシャー・ハザウェイ(BRK B)」などですね。

主な構成銘柄は?

【構成銘柄表の見方】
●Symbol =ティッカー
●Total Net Assets =構成割合
●Sector =セクター(GICSの業種11分類に基づく)
●Yrs =連続増配年数
●P/E =PER(現在の株価÷一株利益EPS で算出)
●S&P500採用 =現在のS&P500に採用されているかどうか

CompanySymbolTotal Net AssetsGICS SectorYrsYieldP/ES&P500採用
JPMorgan Chase & Co.JPM3.0%Financials102.3%12.2S&P500
Berkshire Hathaway Inc.
Cl B
BRK.B3.0%Financials0015S&P500
Johnson & JohnsonJNJ2.8%Health Care592.6%28.8S&P500
Walt Disney Co.DIS2.3%Communication
Services
00#N/AS&P500
UnitedHealth Group Inc.UNH2.1%Health Care111.3%22.7S&P500
Procter & Gamble Co.PG2.1%Consumer
Staples
652.6%24.5S&P500
Bank of America Corp.BAC1.8%Financials71.8%17.3S&P500
Intel Corp.INTC1.7%Information
Technology
72.4%11.6S&P500
Comcast Corp. Cl ACMCSA1.6%Communication
Services
141.8%24.6S&P500
Exxon Mobil Corp.XOM1.5%Energy386.1%n/aS&P500
Verizon Communications Inc.VZ1.5%Communication
Services
164.3%12.7S&P500
Abbott LaboratoriesABT1.4%Health Care81.5%37.4S&P500
AT&T Inc.T1.3%Communication
Services
366.6%n/aS&P500
Chevron Corp.CVX1.3%Energy345.2%n/aS&P500
AbbVie Inc.ABBV1.3%Health Care94.7%41.1S&P500
Coca-Cola Co.KO1.3%Consumer
Staples
593.1%32.3S&P500
Pfizer Inc.PFE1.3%Health Care114.0%30.9S&P500
Walmart Inc.WMT1.2%Consumer
Staples
481.6%29.5S&P500
Merck & Co. Inc.MRK1.2%Health Care103.5%26.8S&P500
PepsiCo Inc.PEP1.2%Consumer
Staples
482.8%26.7S&P500
Eli Lilly & Co.LLY1.2%Health Care71.9%26.9S&P500
Cisco Systems Inc.CSCO1.1%Information
Technology
112.9%21.3S&P500
Medtronic PLCMDT1.1%Health Care431.8%62.0S&P500
NextEra Energy Inc.NEE1.0%Utilities272.0%35.9S&P500
Wells Fargo & Co.WFC1.0%FinancialsS&P500

S&P500構成銘柄で見かける構成とは全く違います。S&P500で独占しているGAFAM・テスラはこのリストに入っていません。これらは割高株だから、バリュー株とは呼べないからです。

<VTVの配当金>

VTVを構成する個々の銘柄は、やはり平均よりも高配当です。

その為、高配当銘柄リストで見かける会社名が沢山あります。こちらが現在の(連続増配5年以上の)高配当銘柄リストです。

【高配当戦略】米国・高配当銘柄リスト(2021年6月現在)

<VTVの実質PER>

VTVは採用銘柄の実質PERは、どれもS&P500よりも低めのものばかりです。当たり前ですが。ちなみにS&P500の2021年5月の実質PERは37.7倍と、高めです。

PERの安い・低いはその後のリターンをかなり左右しますので、気を付けてください。こちらにその理由を載せました。

【バリュー株戦略】うっかり割高株(PER25超え)をつかんでいませんか?(シーゲル理論)
。悩む人株式投資していますが、株の高値掴みはイヤです。割安で掴むためのコツはありますか?【この記事を書く管理人について】●現役の病院薬剤師。医薬品・医療機器を毎日触るのでヘルスケア分野の生きたニ...

トータルリターン

ではVTVの近年のリターンを検証いたします。

【トータルリターン計算のルール】
●毎年12月1日クローズ時に、配当金を再投資する。
●再投資できる配当金は、税引き後とする(米国なら配当金の内72%を再投資にまわす)
●購入株数は、小数点以下でも購入可能とする(実際は無理だが、正確なリターンを出す為)
●経費率は含まない。※VTVは年0.04%

まず、2011年末からのリターンです(結構計算するの、骨折れるんですよ~)。IVV(S&P500全体)やHDVやVYMやSPYD(S&P500のうち高配当ベスト80)も同じ期間で出しているので、比較しやすいかと思います。

2011年末~2021年5月のリターン

配当金再投資しているのですが、それでもS&P500指数には負けています。

●2004年末~2021年5月のリターン

期間を拡げても、やはり市場平均に若干負けです。しかし2019年時点までは、実はVTVの方がリターンが良かったのです。

どうしてVTVが近年伸び悩んだかというと、2020年・2021年はともに特殊な事情がありました。それはGAFAMやテスラ・電気自動車関連銘柄などの未来のテクノロジー株が割高(PERが凄く高いです)になって、それがS&P500を引き上げています。

シーゲル博士の1957~2003年の全銘柄統計から、PERが低い株ほど長期的には伸びる事・成長株といえども高PERは特別扱いできないことも解っています。そのシーゲル博士の理論を信じるのなら、VTVは有力な投資先となりえます。

上記の理論がふんだんにかかれた参考書

【当てはまる方は要チェック】
●市場平均かそれ以上のリターンが欲しい!
●含み損で大切なお金を失いたくない!
●米国株の選び方がよく解らない!
●ろくに業務内容知らなくても、儲かる法則があるなら教えて!

現在の価格

コメント

タイトルとURLをコピーしました