高鷲スノーパーク(裏情報あり)

スキー

東海三県や、関西圏のスキーヤー・スノーボーダーにオススメなのが奥美濃エリアのスキー場です。

【奥美濃エリアスキー場の特徴】
●アクセスが良好(名古屋中心部から2時間・京都から3時間で到着できる)
※日帰り可能
●雪質最良で、到着後ガッカリするリスク低め
●規模が大きい・:パークアイテムも豊富
●売店も充実したところが多い
●料金・物価が長野・新潟・関東圏よりも安い場合が多い

この通りでして、名古屋圏・関西圏の方たちは奥美濃エリアへ行けば間違いありません。

※管理人も名古屋圏在住でして、色々行って「岐阜県の奥美濃がイチバンだなぁ」と感じている次第です

高鷲スノーパークについて

奥美濃エリアの中でも、一番都会的で景色が良く、デート向きのゲレンデです。

アクセスのしやすさ

最寄IC高鷲ICから10分ICから近い。
道中の除雪行き届いてるほぼ一本道の県道の為。
アクセス道路やや走りやすいヘアピンカーブ少しあり
片側1車線が確保されてる

アクセスはかなりいい方です。インターからも近いですし、日当たりの悪い部分や狭いヘアピンカーブもあまりないです。

デートスポットとしても大人気でして、「奥美濃エリアの王道」的に紹介されています。その為土日は絶対大混雑します。

高鷲スノーパーク HPより引用

そりゃこれ見たら、「とりあえず高鷲スノーパーク」ってなります。大混雑ゆえ、正直土日にいくのはオススメできないです。

高鷲スノーパーク HPより

スポーツ用品店は、高鷲スノーパーク側では少々貧弱です。

ご飯ものはセンターハウスに集中しています。2Fの食堂は2000席もあり、朝から席取り行為が激しいです。オープン直後に行かないと、席すべて抑えられる可能性すらあります。

山頂でも食事可能です。「TAKASU TERASSE」で、こちらは大混在ではないです。真っ青なシフォンケーキはここでしか食べられませんし、やっぱり景色が凄くいいです。デート向きなのは、このテラスの景観もあるのでは?

ゲレンデスペック

こちらもエリア最強レベルです。

最長滑走4800m岐阜県~西日本でめいほうに次ぐ
但し滑りごたえはイマイチ
標高差600m(1550~950m)岐阜県~西日本で最大
営業期間12月中旬~5月第1週例年の営業期間です
4月からはダイヤモンド上部しか滑れない
3月末以降はシャバ雪です
ゲレンデ
気温・積雪
奥美濃エリアでもかなり寒い
積雪量は他と同じ。
奥美濃エリアトップクラスですが
湯沢・野沢温泉・白馬エリア等
には適わないです
降雪機・
造雪機
造雪機(アイスクラッシャー)無し
降雪機のみあり
上級コース以外は降雪機でいつも滑れる
エリア有数の低温で、稼働日数も多い
穴場コース無しダイヤモンド上部コースを、
ダイヤモンドクワッドで滑り続ける
のが効率的です
パノラマコースは特に大混雑します
リフト料金全日4900円高価
隣のダイナランドも滑ってOK

最長滑走4800mととても長いですが、中級者コースが横切る・途中狭すぎる・緩すぎる箇所あるなどしてやや滑りにくいです。(その為か公式サイトでも広告していません。めいほうが5000mを目玉にしているのと対照的です)

高鷲スノーパークのいいところは、景観です。まず山頂レストラン「TAKASU TERACE」の眺めは素晴らしく、眼下にひるがの高原が拡がります。谷の向こうの鷲ヶ岳スキー場・ホワイトピアたかす・ひるがの高原スキー場も良く見えます。リフト一つで登山なみの景観になるのは、ここ位のものです。

山頂1550mのTAKASU TERACEから

次に滑走中の景色も素晴らしくて、パノラマコースはゆっくり滑りながら景色を楽しめます。

穴場とよべるコースは思いつきませんが、穴場とよべるリフトは存在します。それは「チャンピオンクワッド」と「ダイヤモンドクワッド」です。中心にあって目立つゴンドラに皆が乗るので、比較的すいています。その為管理人はいつもダイヤモンドクワッドに乗る➡ダイヤモンドコース滑る を繰り返しています。

高鷲スノーパークのゲレンデ
オトクなリフト券(6~9月限定)

お得な割引券です。
時期だけ注意でして、例年6~9月しか販売していません。割引率も凄くー40%です!

通常リフト券1枚4900円
超早割リフト券1枚3000円
(約40%OFF)

売店・スキー用品の現地調達

スキー用品(ボード用品)センター1F
売店モナコ
ワックス・板ベルト・帽子なら揃う
ウエア・板・ストックは無い
食べ物系センター1F
売店モナコ
食べ物は菓子パン・ハム・おつまみ系
ご飯ものは少ない
おみやげセンター1F
売店モナコ
ひるがの高原やスキー場、
高山のみやげが揃う

手ぶらで行っても大丈夫ですよ。現地で殆どレンタル可能です。板とウエアは期待できません。まぁレンタルが充実しているので不要ですが。

食べ物はそこそこで、おにぎりはないですが他は結構なんでもあります。

食堂のバリエーションも豊富です。あの巨大センターハウスには、いくつも食堂が入っています。

・・・ただしその巨大センターハウスは、とても密です。スノーパーク自体がセンターハウス集約型なので、「とりあえずセンターハウスに陣取って置け」というふうにみんな席取りしています。せきとり禁止されているのにね。昼11時くらいから早めに食べよう・・と思っても、その時間には殆ど席が埋まっている可能性があります。かといって山頂レストランは狭いです。ここが高鷲スノーパークの、一番の残念ポイントです。

ダイヤモンドコース中腹 臨時カフェ出現の図

休日ともなると、山の中腹にいくつかこんな感じでコーヒースタンドが出来たりします。こういう面白さも、スノーパークの良いところです。

幼児・初心者と行く場合

託児無し但しセンター2Fに
無料キッズスペース有り
キッズパーク2歳以上700円やや高価
結構広い・そりの貸し出しあり
そり遊び・スコップ遊びメイン
初心者
練習バーン
センターハウス
から見て左斜面
パノラマコースのラスト部分
センターハウス2Fか見える所
高速滑走する人も居なく安全
※センターハウス右隣の
パノラマパークすぐ下もオススメ
幼児のスクール①09:10~10:40
②11:10~12:40
③14:10~15:40
1コマ4,500円
5歳~受け入れ
4歳以下はプライベートレッスン

託児不可能なので、「子供は託児・大人だけで滑る」は不可能です。その為子供連れて行く場合、片親は育児・片親は一人滑りになります。

キッズパークで遊ぶときは、こんな感じになります。

著者撮影 高鷲スノーパークキッズゲレンデ部分
著者撮影 高鷲スノーパークキッズゲレンデ部分

幼児をゲレンデデビューさせるのにもオススメです。センターハウスをでてすぐ左手の斜面がオススメで、ここなら中級上級者が高速滑走することもなく安全。ちなみに高鷲スノーパークで初心者レッスン受ける場合は、センターハウス右隣でパノラマパーク真下のスペースに行くことになります。ここは公式でも初心者専用バーンにしていて、しばしばレッスンで貸切になります。もちろんここが一番いいのですが。

幼児デビューさせるには、キッズスクールは5歳からですが、プライベートレッスンなら4歳以下も、受け付けています。60分7000円、90分11000円なので少々高いですが。

【高鷲スノーパークに子連れで来る場合】
●スキーデビューにもオススメ。
●キッズパークはアイテムがそりだけ。でも広いし、安価。それにセンターから近いの行きやすい。

スキー場内・周辺の宿泊施設

スキー場内
宿泊施設
無し駐車場に泊まるなら、車中泊しかない

スキー場内には宿泊施設がありません。

スキー場外になら宿泊施設があります。「ダイナランド 宿泊街」とされてる場所でして、ここだと民宿がいっぱいあります。

車中泊する場合

そもそも極寒のスキー場駐車場で何で車中泊?と感じるかもしれません。あえてスキー場車中泊する理由はこちらにのせました

<高鷲スノーパーク 車中泊スペック>

車中泊の可否OK第一駐車場は車中泊だらけ
駐車場の傾斜少しあり
(センター傍なら緩い)
ココの駐車場は傾きあり
センターハウス傍なら傾斜はまとも
夜間のトイレ毎日24Hr開放センターハウス1Fのゲレンデ側
最寄コンビニ車で10分高鷲IC下のファミマ・
ひるがの高原のデイリー・
ひるがのICのファミマ(車で10分)
最寄温泉車で10分湯の平温泉
ふたこえ温泉
温泉牧華(車で10分)
その他コインランドリーM’sひるがの
が近いです。5分くらい。

高鷲スノーパークには、ゲレンデ内宿泊施設がありません。車中泊できるかというと可能で、しかも車中泊しやすいゲレンデといえます。

【高鷲スノーパークでの車中泊】
●食材・着替えがなくても、近くにコインランドリーやコンビニ・売店が豊富なので不問
(温泉牧歌の売店・コンビニ・スーパーが10分圏内で調達可能)
●駐車場の傾斜が気になる方は注意(センター傍なら不問)
●エリア有数の低温なので(他のスキー場が雨でもココとめいほうだけ雪だったり!)、防寒対策は念入りに。

近隣のコンビニ

最寄コンビニ(高鷲IC方面):ファミリーマート高鷲インター店です。
24時間営業は前泊するときには特に助かります。ただしお弁当系は夜間は充実してないです。ここは駐車場も広く、場所も解りやいです。

ファミリーマート高鷲インター店(旧サークルK)
近隣のコンビニ

最寄コンビニ(ひるがのSIC方面):ファミリーマートひるがのSA上り方面です。
24時間営業は前泊するときには特に助かります。SA内のコンビニですが、一般道からもアクセス可能です(クックラひるがので検索)。ちなみにひるがのSAのコンビニは、下り方面にもあります(こちらは一般道からアクセスしにくいです)

近隣の温泉

最寄の温泉(高鷲IC方面):「湯の平温泉」です。
利用料は700円です。こちらは館内で食事できませんが、隣の棟で食事可能です。

【利用料】700円
【営業時間】10:00
~21:30
【食事】隣の建物で可能

近隣の温泉

最寄の温泉(ひるがのSIC方面):「牧歌の里温泉 温泉牧華」です。
利用料は850円と高額です。ですが広く、食事も可能で、大変きれいなスポットです。売店の品ぞろえも充実していて食事・おみやげはもちろん下着類までも売っています。

利用料850円
営業時間<平日>
13:00~21:00
(受付終了20:00)
<休日>
11:00~21:00
(受付終了20:00)
食事同一建物で可能
近隣のドラッグストア

最寄の温泉:「ゲンキー 郡上白鳥店」です。
田舎町の小さなストアではなく、巨大店舗で品揃えも凄いです。(美濃白鳥という町がそもそも1万人超えの町で、周囲か人が集まる場所のため)

営業時間09:00~21:00

車中泊をされる方、こちらも参考にください。

【スキー車中泊での工夫集】
●車中泊で活躍する食材➡こちらをクリック下さい
●寒さ対策まとめ➡こちらをクリック下さい
●車の装備・DIY➡こちらをクリック下さい
●どうしても車中泊で布団使いたい➡こちらをクリック下さい
●スキー車中泊で死なないため➡こちらをクリック下さい

【独断で結論】高鷲スノーパークは、こんな人向き

車中泊売店が車5分圏内で、
食材・着替え・インナーなんでも揃う。
ドラッグストアは22分位で
「ゲンキー郡上白鳥店」がある。
初心者デビュー初心者練習バーンは近くに2か所。
危険性もない
幼児連れてく託児できないのはネック
キッズパークは広いが、ソリ位しかない
上級者エキスパートコースは暖冬でもオープン
ゲレンデスペック西日本でみても最強
コースが豊富
しかも降雪機が多く雪不足でも滑れる
但し、土日の混雑度がひどい・・

間違いなく、車中泊にオススメのゲレンデです。コンビニもスーパーもコインランドリーも近くて、連泊する人にもオススメできます。ドラッグストアはやや遠いですが通り道にあり、15分位で行けます。(ドラッグストアは子供連れ旅行時にはすごーく重要なので)

運転に自信ないけどスキー場行きたい方、アクセス道路のヘアピンカーブに注意して下さい。

幼児を託児して大人だけスキーは、できません。片親ずつみて、もう片親がすべる形です。

雪質もめいほうに劣らない位いいし、コース設定もおおく飽きが来ません。ただし知名度と利便性ゆえ、土日は大混雑間違いなしなので不自由かも。

子供のゲレンデデビューにもピッタリです。3~4歳児デビューならここか、鷲ヶ岳がオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました