奥美濃のスキー場一覧(裏情報あり)

育児×スキー

※2020-2021シーズンについて。

奥美濃のスキー場の特徴

アクセスが良いです。名古屋から90分、京都から150分圏内、日帰りも十分可能です。

駐車場代がどこも取られます(1000円)。

雪質がどこもいいです。東海・関西エリアで雪質が奥美濃なみにいいのは、グランスノー奥伊吹くらいでしょうか。

またどこも人工降雪機があり、ホワイトピアに至っては造雪機(アイスクラッシャー)まであります。オープンが早く、クローズも遅く、長く滑れるスキー場が多いのです。

【路面】
アクセス道路がどこもあります(ひるがの高原スキー場を除く)。幹線道路➡スキー場までのアクセス道路(くねくねした一本道)が長いです。路面凍結や除雪がいきとどいていな場合があります(ホワイトピア・ダイナランドは道路悪いこと多い、めいほう・ウイングヒルズ・白鳥高原は比較的よい)

【夜間開放】
前泊する場合ですが、どのゲレンデも夜間でもトイレ・自販機のみ使えます。売店はクローズなので、準備しっかりしてから来ましょう。

スペック一覧

スキー場名最寄IC路面託児室食堂の3密ゲレンデ
宿泊
センターハウス
夜間開放
売店などオープン
めいほう
スキー場
郡上八幡IC
(名古屋から近)
良い有り。
3時間3000円
6時間5000円
受入は2歳~
密でない
(5カ所に分散)
17:30~翌6:30閉鎖
レンタル棟横の
トイレのみ開放
(土日は自然体験センター
の身障者トイレも24hr)
ムラサキスポーツ
はかなり充実。
12月中旬
高鷲
スノーパーク
高鷲IC普通無し。密!
(センターに集中
・山頂も密)
18:00~翌7:00閉鎖
トイレのみ開放
大人のスキーグッズ
なら何でもそろう。
12月中旬
ダイナランド高鷲IC悪い有り。
3時間3000円
6時間6000円
受入は1歳~
やや密
(2か所に分散)
有るが
高い
23:00~翌5:00閉鎖
トイレ外のみ開放
奥美濃No.1の品揃え。
それでもベビー用品
などは無いです。
12月上旬
ホワイトピア
たかす
高鷲IC悪い無し。密!有り。地下フロア夜間開放
トイレも開放。
11月20前後
鷲ヶ岳
スキー場
高鷲IC良い無し。センターのみ密
(3か所に分散)
19:00~翌7:30閉鎖
トイレはアイガー1F
12月中旬
ひるがの高原
スキー場
ひるがのSIC良い無し。密!
(センターに集中)
有り。
近隣ロッジ
17:00~翌7:00閉鎖
トイレのみ開放
スキー用品品揃えは
期待できません。
12月末
ウイング
ヒルズ
白鳥IC普通無し。センターのみ密
(3カ所に分散)
有り。11月20前後
白鳥高原白鳥IC普通無し。密!
(センター集中)
有り。スキー用品品揃えは
期待できません。
12月中旬

すみわけできています。

【ニーズと向いてるゲレンデ】
●スキー用品は現地調達でいい
 > ダイナランド・めいほう
●託児スキーしたい
 > めいほう・ダイナランド
●スキー場内で宿泊したい(下記★を参照)
 > 白鳥高原・ウイングヒルズ・ホワイトピア
●アクセス道路が安全
 > めいほう・ひるがの高原・鷲ヶ岳
●子供のスキーデビューには
 > ダイナランド・ひるがの高原・(母袋温泉)・(郡上ヴァカンス村)
●オープン早い
 > ホワイトピアたかす・ウイングヒルズ(但し狭いゲレンデ1枚)
●雪質がいい所
 > めいほう(断トツで良)・高鷲スノーパーク・ホワイトピア

管理人個人的に・・・私は迷ったら、めいほうスキー場が最良だと思っています。初心者コースもあるし、ここは雪質が良いのでパウダー率高いので転んでも痛くない場合が多いです。私はゲレンデ1時間の場所に住むので、宿泊の必要もないです。まさに「近隣の・コアなリピーター向けゲレンデ」です。

【★余談~スキー場内宿泊に拘る理由】
●宿泊場所がスキー場の外だと、朝早起きしてスキー場駐車場まで運転する必要あります。つまり朝寝坊したら近い駐車場は埋まる➡駐車場の遠くから、重たいスキー用品かついで歩く羽目になります。
●駐車場代も、スキー場に行った回数だけかかります。
●スキー場内で宿泊すれば寝坊できますし、近いです。1日目のよる、マイカーを近くまで持ってくることもできます。そうすると2日目帰る時、近くに持ってきたマイカーにのれます。

めいほうスキー場

アクセス郡上八幡IC下車➡下道で35分
駐車場代平日1000円
土日祝1000円
道中の
走り易さ
アクセス道路には
ヘアピンカーブが無い、
日なたなので融雪している
シーズン券超早割(~10月末まで申し込み)
でなら36,000円
普通は60,000円
割引券1,500円引き券:株主優待で
初心者コース第一クワッド下車➡急な最初だけ歩き、
あとは向かって左半分が初心者向け
※α350はオススメしません
センターハウス
の密
密ではないです。
食堂がセンター2F、センター1F、
デッキテラス、キッズルーム前、
αレストラン に分散しています。
席取り行為もありません。
夜間開放ありません。
開放時間は6:30~17:30のみ。
宿泊・シャワーできません。シャワーもありません。

めいほうスキー場 シーズン券について

価格10月末まで購入で36000円
その後購入で60000円
同伴者リフト料同伴4人まで
大人は1500円引き
子供は500円引き
他スキー場
割引券
5枚あり。
割引券提出+シーズン券見せる
ことで半額に。
転売できない
レストラン
割引
有り。センターレストラン、
αレストランで3割引きに。

シーズン券を購入すると、おまけで頂けるパンフレット類は以下の通り。

めいほうスキー場 シーズン券特典
他スキー場半額券
他スキー場の一覧
めいほうスキー場内でのシーズン券の特典
スタンプカード

コメント

タイトルとURLをコピーしました