【2019年版】医薬品のランキング

2019年の年初~年末までの売り上げから、ランキングを作ってみました。僕が病院薬剤師で医薬品に詳しいのと、Healthセクターは今後も成長見込まれる分野だからです。

薬剤師というのは「これからも伸びる分野」を、現場で肌で感じられるメリットがあります。

【製薬会社の世界ランク】

製薬企業に投資される方は、製薬会社の「世界ランク」も考えましょう。日本ランクではあまり意味が有りません。日本メーカーであっても世界展開をして、売り上げを稼いでいますからね。

RankCompanyticker本社20192018
1ロシュスイス61,46656,846
2ファイザーPFE米国51,75053,647
3ノバルティスNVSスイス47,44543,085
4メルクMRK米国46,84042,294
5GSKGSK英国43,940
6J&J(製薬部門)JNJ米国42,19840,734
7サノフィSNYフランス39,73937,909
8アッヴィABBV米国33,26632,753
9 武田薬品TAK日本30,120 15,239
10 ブリストルマイヤーズBMY米国26,145 22,561
11 アストラゼネカAZN英国24,384 22,465
12アムジェンAMGN米国23,36223,747
13ギリアド・サイエンシズGILD米国22,44922,127
14 イーライリリーLLY米国22,31921,493
15 バイエルドイツ19,758 19,081
16 ノボノルディスクNVOデンマーク18,303 16,774
17 テバイスラエル16,887 18,271
 ベーリンガー非公開ドイツ 19,247
18 アラガン(2020年 AbbVieへ)米国16,088 15,787
19 バイオジェンBIIB米国14,378 13,453
単位:Million USD

ロシュは急増が予想される、がん領域の分子標的薬剤に力を入れています。下記ランク表でも、分子標的薬剤をいくつもランクに送り込んでいます。やはりニーズにマッチした会社なのでしょう。残念ながら現在(2020年5月)米国上場しておらず、投資できません。

Pfizerは分子標的薬剤で、エンブレルをランク上位に送り込んでいます。ただしエンブレルは特許が切れており、減少傾向が続くので期待できません。分子標的薬剤は新薬開発ではなく、バイオシミラーを多発して追従しています。バイオシミラー戦略はこれから当たるのでは、と考えて投資しています。(別記事で分析しています)

メルクは日本では「万有製薬」という子会社で販売していました(現在は廃止)。キイトルーダ®など、注目の薬が多く、僕は成長株だと感じています。その為別記事で分析を行っています

AbbVieはヒュミラの会社です。ヒュミラリスク(特許切れ)で投資家に敬遠されていますので、株価は割安・高配当です。僕はそこまでリスクじゃないと思っているので、お買い得なのではと思っています。注目しているので、別記事で分析を行っています

製薬会社で、投資先として調べる時は「連続増配かどうか」を調べてください。調べ方はコチラでまとめさせていただきました。参考にして下さい。

製薬会社ごとの詳しい分析は、また載せさせていただきます。

【各医薬品ごとのランキング】

2018年で申し訳ありませんが、2019年も首位はヒュミラだそうですね。

さきの製薬会社ランクの会社が、ここでも顔をだします。僕はキーワードは「分子標的薬剤」「がん」「肺疾患」だと考えています。分子標的を作れるような会社は、今後も先発分子標的・バイオ後続品とも開発できて維持していくのではないかと。

RankDrugCompany2018
1★ヒュミラアッヴィ25,485
2★ランタスサノフィ10,414
3★エンブレルファイザー10,181
4エリキュースブリストル10,121
5ザレルトバイエル9,178
6★レミケードJNJ7,768
7★オプジーポ小野薬品7,543
8★ノボラピッドノボノルディスク7,354
9★キイトルーダメルク7,216
10ジャヌビアMSD7,123
11リリカファイザー6,933
12★ステラーラヤンセン6,832
13★ハーセプチンロシュ6,686
14セレタイドグラクソスミス6,559
15★マブゼラロシュ6,462
16★アバスチンロシュ6,343
17★ヒューマログイーライリリー6,194
18★エブクルーサギリアド5,855
19★ゲンボイヤギリアド5,621
20シムビコートアストラゼネカ5,329
単位:Million USD

★マークは「分子標的薬剤」で、無印は「低分子薬」です。

★マークわざわざ付けたのは、分子標的薬剤か低分子薬かで、特許切れ後の売り上げが変わると考える為です。

ヒュミラはダブルスコアをつけての首位です。先ほどの製薬会社ランクをみて解りますが、実は2018年売上が70%、このヒュミラだったのです。「ヒュミラ依存のアッヴィは危ない」的に言われていますが、私はそこまでではないと思います。(それは現場薬剤師として、この会社の開発中新薬の、目の付け所がいいなと感じるからです)

今後も分子標的薬剤が開発されていく流れなので、ランク上位を占めてくと思います。これらは高価な薬で、一年間薬価は低分子薬に比べて1~2桁高くなります。

余談:オーソライズドジェネリックの破壊力

オルメテック®、クレストール®の激減は、いずれも2017年にオーソライズドジェネリック(AG)が発売されたためです。AGは「先発医薬品と有効成分だけでなく、その他添加物・製法まで同じ後発品」なので、破壊力抜群です。たとえばオルメテック®のAGはオルメサルタン「DSEP」で、価格は半額くらいです。

じいちゃん
患者さん

オルメテック®のままでいいよ。後発品は有効成分以外違うんでしょ?体にあわないよ。

医師
薬局薬剤師

大丈夫。オルメサルタン「DSEP」なら中身全く同じで、名前だけ違うけど半額なんです!

じいちゃん
患者さん

なんだって!からだに入るものは全く同じなのに安いのか。じゃあ変更してくれ!

・・・「安くて、中身はまったく同一」となるので、とても変更させやすいですよね。こうやって次々変更されて、オルメテック®は66%減となりました。僕は「低分子薬は、後発品が発売されたら終わり」と書いてきましたが、「AGが出たら迅速に終わり」です。

【現場で感じる今後】

僕が病院薬剤師なので、今後の展望も少しみえます。株価の動向までは見えません(見えたらイイけど・・・)。

<病院薬剤師からみた今後の展望(筆者推測)>
①高齢化は地球全体で進む為、加齢で有病率のあがる疾患は増える
➡例:がん・心疾患・脳梗塞・脳出血
➡これらの薬開発する会社は伸びる?

②高齢化するが、死ぬ間際に「フルコース」でなく「ナチュラルコース」を望む患者が増えている
➡死亡率は増えても、看取りの費用は減る?

③大気汚染は年々深刻化。肺疾患は増える一方
➡例:気管支喘息、間質性肺炎、COPD、肺がん
➡これらの薬開発する会社は伸びる?

④分子標的薬剤の使用頻度は(拡大のペースよりも早く)急増している
➡分子標的薬剤を開発する会社・バイオシミラーを作れる会社は伸びる?
➡しかし分子標的薬剤はバイオシミラーできても置き換わりにくい
(=一旦発売すれば割と安泰)

 

③大気汚染の深刻化

インド・中国・タイ・マレーシアなどの伸び盛りの国の大都市では、大気汚染が深刻なのはご存じかと思います。経済成長もしてきているので、そうなると急増が予想されるのが呼吸器薬です。Yahoo!ニュースなどで「コロナショックで自動車激減し、空気きれいになったので喘息が治った」なんてニュース、目にしていると思います。経済が再びまわって大気汚染が起こり、経済成長で受診率が改善したら、間違いなく呼吸器疾患は増えてしまいます。

以上は株価から機械的に考えた事です。僕個人的には自然愛好家なので(田舎移住とCO2削減に取り組むほどです)、空気がきれいになってほしいです。もし株で利益あげても、一部はクリーン事業に寄付したい位なんです。

④の例;分子標的薬剤のバイオシミラーについて

お薬は、2分類できます。「分子標的薬剤」があるのなら、分子標的でない薬剤は「低分子薬剤」です。そして、これらの後発品の扱いも違います。

分類後発品名特徴
低分子薬剤後発品安い・
真似しやすい
分子標的薬剤バイオ後続品
(バイオシミラー)
高い・
真似しにくい

こんな感じです。真似しにくいというのは、分子標的薬剤の特許がきれて同一成分を作ろうにも、施設がものすごく大掛かりになる為です。当然体力のある会社や、すでに別の分子標的薬をつくる会社にしかできません。真似しやすい・真似しにくいの例として、「リピトール錠®(低分子)」と「ヒュミラ注射®(分子標的)」を挙げます。どちらも売上世界一を記録した医薬品です。

<リピトール錠®>

2001年には「将来有望な薬」とまで書かれていました。(旧山之内製薬のレポート)

実際10年以上にわたり、世界首位の売り上げ医薬品でした。しかし2011年11月30日、日本・米国特許は失効。すると米国は保険制度の関係上「強制的に」後発品に置き換わります。実際売上は急落し、いまやベスト50にも顔を出さなくなりました。

病院薬剤師の僕も、リピトールを触らなくなりました。調剤薬局でも殆どが、後発のアトルバスタチン錠に置き換わっています。ドル箱を特許切れで失ったPfizer社は、世界一から陥落しました。

低分子であるばかりにあっという間に売り上げ激減したんです。

<ヒュミラ注®>

分子標的薬剤の例です。2019年現在、2位以下にダブルスコア以上つけて首位の薬です。しかし欧州での特許は2018年に、きれています。米国での特許も2023年まで。

特許切れしても置き換わらないのは、ヒュミラだけではありません。2位ランタスは売上3%減、3位エンブレルは売上8.5%減です。バイオシミラーが出ても、先発分子標的薬剤を脅かせないんですね。

医薬品の特許切れ=即座に置き換わり、と考える方が多いです。じっさい米国では強制的に後発品に置き換わります。しかし分子標的は、思ったほど置き換わっていません。げんざい特許切れ分子標的薬剤で、先発品売り上げが後発品に負けているのはグラン®くらいですからね。

④将来の展望:製薬メーカーに必要なスペック

先ほど、今後間違いなく伸びるのは「がん、心疾患、呼吸器疾患」と「分子標的薬剤」と述べました。だからがん領域の分子標的薬剤なんかはバッチリ伸びます。代表的な医薬品名で言えば「オプジーポ®」「アバスチン®」「ベクティビックス®」「アービタックス®」「サイラムザ®」「キイトルーダ®」あたりですね。

これらの先発品メーカーは今後も堅いでしょう。先発品売り上げはなかなか落ちないし、しかも「先発品開発で培った、バイオシミラーをつくるノウハウと設備」も備えています。例をあげるなら、ヒュミラ®を作れるAbbVie社は、ほかのバイオシミラー開発もしやすいって事です。抗がん剤領域の分子標的を多数発売するRoche社は、やっぱり今後も伸びる分野ですでに結果を出しています(だから世界首位の製薬会社なんです)。

オプジーポ®といえば、日本初のがん領域の分子標的薬剤です。小野薬品工業が作っています。小野薬品のオプジーポ®依存は投資家には耳が痛いですが、この会社は既に伸びる分野での結果の出し方を知っています。

展望を知る為のサイトも

こちらのサイトが結構ためになります。もちろん製薬メーカーのHPも拝見するのですが、ランキングがまとまっているのでオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました