【高配当ADR】グラクソスミスクライン(GSK)の分析(ADR)

一般の方なら、「この社名、聞いたことがある」となら思うのでは。私は薬剤師で、毎日この会社の薬を触っているので存じています。

本社は英国で、英国一の売上高を誇ります。世界でも第5位(2019年、出典元はコチラ)の大手企業です。

もちろん、世界中で売り上げがあります。

項目独自基準実際は
営業利益率10%以上20.60%
自己資本比率50%以上14%
流動比率200%以上81%
配当金2.00USD
配当利回り3.75%以上4.72%
分野手堅い業種が良医薬品

営業利益率は20.6%と高水準です。ただし自己資本比率14%、流動比率81%と低く、財政がいいようには思えません。

2020年3月~のコロナショックで世界経済は混乱しましたが、その為の取組みも積極的でした。ライバルとの協同で、ワクチン開発にも着手しました。

詳しくはこちらを

【詳しい業績】

売上の内訳はこうです。

<医療用医薬品:52%>

僕は薬剤師なので医薬品業界の動向は、肌で感じます。主力だったアドエア吸入は、後発品のため減少が予想されます。

地球全体が高齢化するので、医薬品業界は確実に伸びます。僕がみている部分は

●高齢化で心臓疾患が増えるのでその分野薬はあるか。
●大気汚染が深刻化するので、呼吸器薬は強いか。
●高齢化でがんが増・分子標的薬が増加するので開発できるのか。

これらを見ています。呼吸器科には元々強く(あのアドエアを売っている)、コロナウイルスのワクチン・治療薬も開発してきており、文句ないと思います。製品としてはレルベア吸入®、アドエア吸入®など。

鼻炎薬も大きなシェアで、アラミスト噴霧®、ザイザル®など。後発品は当分でず伸びている分野で、これからも安定すると思います。

ただ急増が見込まれるがん領域の分子標的薬剤は、これだと思う薬は見つかりません。良くも悪くも、呼吸器・耳鼻科に特化している印象です(=小児科では沢山のグラクソ製品を見かけます)。

<コンシューマー:27%>

これは市販薬の事です。「コンタック®」は風邪薬、「ポリデント®、ポリグリップ®」は入れ歯の洗浄・安定剤、「シュミテクト®」は知覚過敏にやさしい歯磨き粉で、おなじみですよね。

この様に、医薬品領域の中で、広範囲に分散されたポートフォリオを持っています。

【配当】

常時5%前後の配当利回りをもち、なかなかの高配当です。

また英国のADR(米国預託証券)です。これは配当金・分配金の課税上の利点があります。


現地源泉税率
国内源泉税率税引き後
(現地+国内)
米国株10%71.72%
英国株0%79.69%
オーストラリア株0%79.69%
インド株0%79.69%
メキシコ株0%79.69%
カナダ株15%67.73%
ロシア株15%67.73%
アイルランド株20%63.75%
台湾株21%62.95%
デンマーク株27%58.17%
ベルギー株30%55.78%
スイス株35%51.80%

(減配=経営陣はクビという本気度の)米国株と比べると、GSKのような英国株は割とあっさり減配しています。2009年の減配はユーロ安だからです。また1991年や2000年の記念配で景気よくだしているので、いびつになっています。それでも長期的には右肩上がりで、ハラハラしますが持っていて安心できます。

【長期的な株価の推移】

グラクソスミスクライン(GSK)の長期的な株価推移

ずっと伸び悩んで、1998年の70USDを回復する兆しはありません。医薬品業は寡占がすすんでいますが、新興国(東南アジア、インド、南米)での伸びしろはまだまだあります。地球全体が高齢化しており、将来的にはまだまだ伸びる業界です。

最近のリアルタイムチャートもあります。こちらをどうぞ。

【最近の株価(リアルタイム)】

2020年コロナショックでも、20%減で耐える底堅さです。セクターが「医薬品」だからですね。(RDSBなどの景気敏感株は50%減とかですよ!)医薬品業界はコロナショックで売り上げはむしろ伸びているので、株価を伸ばしそうなものです。それが20%落ちたのは、「ついでに売られた」からと推測されます。

ちゃすけ妻
投資家

コロナショックで株価が全部下がった!株と名の付くものは価値がなくなるかもしれないから売ろう!

ちゃすけ
投資家

信用取引で大幅赤字。元金は20万円なのに10倍買いして、200万円だったのが半減した。100万円ロスだから20万は元金、あと80万は株を片っ端から売るしかない

じいちゃん
じいちゃん

株市場全体が暴落してる。(GSKも含まれる)インデックスも売ろう!

こうやって業績がいいのに、売られた可能性が考えられます。ちなみに僕はそれを狙っていたので、この時期にボーナス2.5回分をぶち込んで色々漁りました(笑)

グラクソの様な「医薬品業界」は、こういうコロナショックでもどこを吹く風です。主戦上である医療機関は止まりませんからね。コロナ肺炎で呼吸器が悪くなれば、それこそグラクソの呼吸器薬は沢山あるので使われます。

僕の取得単価は41.314USDで、150株を、2019年9月に購入しています。コロナショックで株価が下がっても、下がりを打ち消す配当金も沢山入りました。こういう手堅さが、(手堅いセクターでの)高配当株のいいところですね。

※本記事の数値はすべて、2020年5月14日現在の最新情報に基づきます

【どこの証券会社で買えばいい?】

グラクソスミスクラインは大企業なので、取り扱わない証券会社はないと思います。その中で僕のオススメ証券会社は、「楽天証券」です。株価チャートが見易く、外国株の売買手数料も業界最安値ランクです。

米国株とは関係ありませんが、楽天ポイントを使って投資信託・日本株も購入可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました