車中泊グッズリスト(冬に使用)

ココでは「冬の季節に使用する車中泊グッズ」を挙げます。

冬場ならこの記事のリスト+全季節の車中泊グッズリスト を車に積みます。

■-10℃対応寝袋(封筒型)■

冬特にスキー場駐車場で車中泊するなら、最低でも「-10℃対応」は必要です。

寝具の事は、このページに詳しくまとめました

■追加の毛布■

ついかの毛布は車中泊で大活躍します。

■すきま風対策■

車をベッドモードにすると、どんな車でもマットが敷けない隙間があるはずです。冬はここからくるすきま風の冷気が、結構気になって寒いです。

隙間うめるためには、「大きめクッション」「余った毛布」「スキーウエア」「洗濯もの」なんかだと隙間に詰め込めて便利ですよ。管理人は洗濯物を袋に入れて、詰め込んで遮断しています。

■スノースコップ、スノーブラシ■

●スノースコップ\2000

プラスチックは簡単に割けるなどして、少々頼りないです。管理人はふだん折り畳んで、自作した天井収納に積んでいます。専用バッグ付きなので、金属ぶぶんで怪我する心配もないです。それに10年雪かきに使っても壊れませんでした。

・・・実は裏技もあります。それは車の足元に雪の壁を作って、車の下に雪で密閉空間をつくるんです。こうすると床からの冷気侵入が減りますよ。この裏技の時、役立つのもスコップなんですね。

●スノーブラシ:伸縮式がラクです。 \1000

車に降雪すると厄介ですが、これで一瞬で吹き飛ばせます。また意外なのはスキー板・ブーツの雪を払うとき。広い面積を一度に払えるので早いんです。スキーの時の、時短のお供です。

■車載用電気ケトル ■

車中泊だけでなく、家族での遠出でも活躍します。もちろん車中泊でも電気ケトルがあると、かなり快適化するのでオススメです。

【電気ケトルで出来ること】
●車中食の幅が広がる:カップ麺・インスタントスープ・インスタントコーヒーや紅茶・α化米
●子供のミルクを作れる(家で熱湯を保温ポットに入れてこなくてOK・すばやく出発できる)
※液体ミルクは冷たくて飲んでくれない場合があり、しかも高価で使い勝手よくない
●凍った窓ガラスを溶かせる(熱湯のままでなく、水で薄めて温水にしてから)

その電気ケトル使うときですが、家庭用のケトルは構造上使えません。なぜなら家庭用は消費電力が1200Wとかですが、ポータブルバッテリーはせいぜい300~500Wくらいなので、動かないんです。おまけに狭い車内、でっかいケトルをおくスペースもありません。車には車載用の電気ケトルを選びます。

<車載電気ケトル 選び方ポイント>

収納性
底サイズが6.6cm以下?
大抵の車のドリンクホルダー・
カーテーブルに収まる大きさ
収まらないと、置き場所に困る
電流
12Vか24Vか
12V対応なら、
普通車のシガーソケット使用可
充電ソケットの位置底だと使いにくい
側面ソケットがGood
容量300mLもあれば十分
沸騰までの時間20分以上は覚悟を
(12Vなのでパワーが無い)
温度調整沸騰さえできれば良い
(水足せば冷ませる為)
断熱性スキー車中泊では
断熱性ないとで大違い

こういう目線で、車載用電気ケトルを選びます。

収納性
底サイズが6.6cm以下?
◎ 直径6.5cm
ドリンクホルダーに置ける
電流
12Vか24Vか
◎ 12V/24V自動切換え
※インテリジェント識別 らしい
充電ソケットの位置◎ 側面ソケット
容量450mL
沸騰までの時間△ 25分
直ぐ沸かして食べたい場合に困る
夜のうち/移動中に沸かすなら使える
温度調整◎ 可能。スクリーン温度表示も有り
断熱性◎ 魔法瓶構造

オススメです。やや湯沸かしに時間かかりますが、使い勝手は抜群です。何より「保温状態のケトルを、そのままカバンで持ち運べる」のはこれだけで、車降りてピクニックするときにも活躍します(車降りたときに沸かしたて・保温性もいいので熱々のまま運べる・保温ポットに移す手間いらず)。

収納性
底サイズが6.6cm以下?
◎ 直径6.5cm
ドリンクホルダーに置ける
電流
12Vか24Vか
◎ 12V/24V自動切換え
充電ソケットの位置◎ 側面ソケット
容量300mL
車中泊でなら300あれば十分
沸騰までの時間? 
温度調整× 不可能。沸かすのみ
断熱性◎ 真空断熱を謳っている

シンプルで、ボタンも全然ありません。デザインが機械っぽくなくておしゃれなのと、安い事が魅力です。安くいい物をとなったら、これが間違いないでしょう。

収納性
底サイズが6.6cm以下?
× 直径17cm
ドリンクホルダーに置けず、
置き場所に困る
電流
12Vか24Vか
〇 12Vのみ
充電ソケットの位置ー 側面ソケット
ドリンクホルダーに
置けないので無意味ですが
容量1000mL
家族で贅沢に使えますが、
そんな状況あるのでしょうか?
消費電力も大きいはず
沸騰までの時間? 
温度調整× 不可能。沸かすのみ
断熱性◎ 真空断熱を謳っている

おすすめできません。一見家の電気ケトルと同じに見えて使いやすそうですが、車内に持ち込むとまるで話が違います。

まず車内で一度に、沸騰した水1Lを使う状況が思い浮かびません。なにより車内では置き場所がありません。車内では飲みものはドリンクホルダーにしか置けないので、サイズ的に困ります。

■スキー用品■

冬にスキー車中泊とする場合に使用

スキーの為の持ち物の準備
管理人的に必要or便利 なスキーグッズ(持ち物)を紹介いたします。スキーはとにかく荷物が多くなり、準備が大変です。準備には慎重になって下さいね。【管理人プロフィール】●スキー場通いは10年以上・年5回以上。●夫婦+子供でもスキー、...

コメント

タイトルとURLをコピーしました