網戸は車中泊・普段使いどちらも活躍

ハイエースやキャラバンでは、網戸は大活躍します。

【車内で網戸がほしい状況】
●車中泊に限らず、ちょっとした休憩や車内食するときにも使える
●暑い夏場にかぎらず、車内結露でジメジメするときも活躍する
●ハイエース・キャラバンの場合は運転席真下にエンジン=ただでさえ暑い
●ハイエース・キャラバンを買う人は車内食や車中泊の機会が多いはずなので、より重宝する。
●ハイエース・キャラバンの場合職人さんの仕事でも活躍する。現場にいい休憩場所がない場合とくに。
(注:管理人は引っ越しバイトで何度も職人として運転しているが、重宝した記憶あり)

どうせなので、こんな機能を求めてみます。

【車内網戸の機能】
●網戸として:風は通すが虫は通さない
●シェードとして:外から見えにくくする(完全にはカットできない)。日差しをカットしてくれる。
●収納場所に困らない。(できれば年中つけっぱで運転できる)

いろんな状況で活躍して、さらにシェードとしても使え、収納に困らないものを捜しました。

小窓の網戸

ハイエースの小窓の網戸(※4型ハイエース。2013年11月以降)

標準型ハイエースの車中泊で有名な、48Rさんの案です。このサンシェードをしてても、スライドドアはそのまま開閉可能(年中つけっぱも可能です)。本来サンシェードなので遮光性もいいです。彼も言われる通り「高価な車専用のシェードかう必要がない」のもメリットです。

キャラバン小窓の網戸

キャラバンの小窓網戸も同じものを使えます。・・・それどころか、セリアの100円2枚セットシェードで網戸作れてしまいます。しかも30秒くらいで。証拠を載せます。

証拠写真 セリアの2枚組シェードで網戸が完成

これらのシェード網戸は収納場所に困らないというか、つけっぱなしで運転できるのがポイントです。しかもハイエース・キャラバンともつけたまま窓開閉できます(管理人は両方で確認済)。その為収納場所がそもそも要らない。なお運転席助手席には、網戸つけっぱにはできません

運転席・助手席の網戸

4型ハイエースの網戸(運転席・助手席用)

NV350 キャラバンの網戸(運転席・助手席用)

この網戸のポイントはこれです。

●脱着がマグネットなのでカンタン

●使わない時はクルクル丸めて小さくできる(カバンに収まります)

※つけっぱ運転は違法と思われます(透過率70%を下回る)。たたんでコンソールボックスなどに入れましょう。管理人はこっそり年中つけっぱなし運転してしまってますが。

●つけたままスライド可能、遮光性もあり(真夏の夕日が眩しくないメリットも!)、かつ外もみえる

ハイエース・キャラバンに乗る人にはかなりオススメです。コスパが素晴らしいです。

リアゲート・スライドドア全面の網戸

ハイエース スーパーGL用のリアゲート網戸セットです。(スライドドア両面の網戸もついています)

キャラバンプレミアムGX用のリアゲート網戸です。(セット販売はありません)

これだけだと後フルオープンで丸見えです。そこで、ドアストッパーを併用します。そうすると風は流れて虫も入りませんが、後ろからかなり見えにくいですよ。

そのドアストッパーです。少し開いたまま固定してくれます。できればここに、車内用換気扇も併用しましょう。そうするとより風が流れて涼しいです。

当サイトの「車中泊」にかんするページについて

コメント

タイトルとURLをコピーしました