ホワイトピアたかす(裏情報あり)

スキー

東海三県や、関西圏のスキーヤー・スノーボーダーにオススメなのが奥美濃エリアのスキー場です。

【奥美濃エリアスキー場の特徴】
●アクセスが良好(名古屋中心部から2時間・京都から3時間で到着できる)
※日帰り可能
●雪質最良で、到着後ガッカリするリスク低め
●規模が大きい・:パークアイテムも豊富
●売店も充実したところが多い
●料金・物価が長野・新潟・関東圏よりも安い場合が多い

この通りでして、名古屋圏・関西圏の方たちは奥美濃エリアへ行けば間違いありません。

※管理人も名古屋圏在住でして、色々行って「岐阜県の奥美濃がイチバンだなぁ」と感じている次第です

ホワイトピアたかすについて

高速出口からはちょっと遠いです。しかもやまびこロードは冬場凍結して走りにくく、運転は難しめです。

高速ICは「高鷲IC」「ひるがのSIC」とも等距離なので、使いやすい方を選びましょう。走りやすいのはひるがのSIC利用のほうで、日当たりよく除雪が行き届いているからです。

アクセスのしやすさ

最寄IC高鷲ICから15分
ひるがのSICから15分
ICから距離あり
道中の除雪ハッキリ言って悪い走りやすいのは
ふたこえ温泉経由のルート
高鷲IC~やまびこロードは
除雪・道幅とも悪い
アクセス道路良くないヘアピンカーブがキツイ
1車線確保されてない場所あり

駐車場は1か所だけなので、解りやすいでしょう。

駐車場の標高がすでに1000mあるので、車中泊すると寒くて仕方ないと思います。

道路がトラップありです。図にするとこんな感じ。

Google地図 筆者加工

高鷲出口の看板(罠です)

【ホワイトピアたかす アクセス】
●目的地:ホワイトピアたかす
●経由地:コージュ高鷲 ふたこえ温泉
と設定するのが無難。
※危険な冬のやまびこロードを通らない。高鷲IC出口の看板では、ホワイトピア方面は公式でも緑色を案内されるが、実はオレンジ色に行った方がいいです。道がいいからです。

ゲレンデスペック

ここで見ると、あまり魅力ないように感じます。

最長滑走3000mめいほう5000mには及ばないが充分長い
広くて滑りやすい
標高差430m(1405~975m)標高差はそれほどでもない
営業期間11月中旬~3月第4週例年の営業期間です
アイスクラッシュゲレンデ
のみエリア最速でオープン
ゲレンデ
気温・積雪
奥美濃エリアとしても低温
降雪機・
造雪機
造雪機・降雪機
両方あり
アイスクラッシュゲレンデなら
間違いなく滑れる
穴場コース特になしフラボークワッドリフトはガラガラ
リフト料金全日4300円エリア内では安価。鷲ヶ岳も滑るには
4900円となる
早朝営業有り07:00~16:30
通称サンライズ営業
別料金不要
ナイター無し(隣の鷲ヶ岳には有り、別料金が必要)

ホワイトピアの良いところは、ボトムでも1000mある上、北斜面なのでボトムでも十分雪質が良い事です。だからでしょうか、例年ボトム付近のアイスクラッシュゲレンデはいつも早くオープンします。おなじくボトム付近にある練習ゲレンデ「レッツピア」も、やっぱり長く滑れる場所です。

11月から滑れるスキー場といえばココと「ウイングヒルズ」ですが、管理人としてはこちらをおすすめします。とはいっても11月のゲレンデはペアリフト1本のみ稼働で、ゲレンデも狭く、ほかに稼働スキー場も少ないのですごく殺到します。11月から滑りたい方、覚悟も必要です。

オトクなリフト券情報

オトクなリフト券(マイカー派限定)

マイカー派には嬉しい、お得な割引券です。
平日・駐車場から出る時に貰える半額券2枚セットです。注目すべきはその割引率でして、何と半額です!
通常料金のときでなく、プレオープン時(3200円、ペアリフトのみの時期)でも平日なら貰えます!

ホワイトピアたかす 平日限定のリフト半額券

通常リフト券1枚4300円
リフト半額券
※ホワイトピア通常リフト券限定
4300円➡2150円
(50%OFF)×2枚

オトクなリフト券

リフト券返却時にスクラッチもらえます。この中には「次回リフト半額券」「ホテル宿泊券」などがありますが。これが結構な確率でリフト半額券でるそうです。私たち夫婦で2枚やて、1枚はコレでした。

リフト券返却時スクラッチ

売店・スキー用品の現地調達

スキー用品(ボード用品)センター1F
売店
ゴーグル・パスケース・ワックス
・手袋など小物系は全部あり
板・ウエアはない
食べ物系センター1F
売店
食べ物は菓子パン・おつまみ系
ご飯ものは少ない
おみやげセンター1F
売店
ひるがの高原や当スキー場、
高山のみやげが揃う

手ぶらで行っても大丈夫ですよ。現地で殆どレンタル可能です。

ホワイトピアたかすは規模小さめの割には、売店はしっかり充実しています。

幼児・初心者と行く場合

託児無し家族連れで行く場合、
大人2人だけで滑るのは無理
キッズパーク有り「キッズピア」
レストラン前のスペース。無料開放
初心者
練習バーン
有り「レッツピア」500円必要。
ベルトコンベアで怖くない。
例年12月中旬~3月時下旬くらい。
幼児のスクール①10:00~11:30
②13:30~15:00
1コマ4,000円、
2コマ7,000円
スキースクールキッズコースの名前で
4歳~6歳

託児スぺ―スはないので、家族連れで来て子供預けて大人だけで滑る、は不可能です。

ですが子供を雪遊び・ゲレンデデビューさせるには中々いい環境です。まず「レッツピア」というベルトコンベアゲレンデがあって、500円で乗り放題になります。センターハウス(ホワイトステーションの事)からも近いです。初心者練習バーンが使いやすいゲレンデは高鷲スノーパーク・ダイナランドとありますが、ベルトコンベアまで完備してくれるのはホワイトピアたかす位しかないです。これが結構バカにならなくて、緩斜面を自分の足で登り続けると疲れてきて「もういいや」ってなっちゃいます、ベルトコンベアがあるだけで本当に救われます。最初はよくても、段々疲れてきますからね。

次雪遊びの場所もあって、レストラン前の「キッズピア」です。ハイシーズンは料金制だったと思いますが、シーズンの最初と最後は無料開放してくれます。

【雪遊びにオトクなゲレンデ一覧】
●2歳未満:めいほうスキー場(無料)、ダイナランド(無料)、高鷲スノーパーク(無料)
●3歳未満:ダイナランド(無料)
●3歳以上:めいほうスキー場(ハイシーズン以外は無料開放)、
 ホワイトピアたかす(ハイシーズン以外は無料開放)、白鳥高原(常時無料開放)

スキー場内・周辺の宿泊施設

スキー場内
宿泊施設
有りホワイトステーション
(センターハウスの3F4Fが宿泊可)
相部屋で4,800円、ツインで21,000円

スキー場内には宿泊施設があります。しかもセンターハウスがそのまま宿泊施設なので、朝起きたらエレベータでおりてそのままゲレンデです。この近さもホワイトピアの魅力です。

車中泊する場合

そもそも極寒のスキー場駐車場で何で車中泊?と感じるかもしれません。あえてスキー場車中泊する理由はこちらにのせました

<ホワイトピアたかす 車中泊スペック>

車中泊の可否OKセンターハウス
(=ホワイトステーション)
前は宿泊客・車中泊だらけです
駐車場の傾斜やや有り気にならないレベルでしたが・・
夜間のトイレ毎日24Hr開放センターハウス地下1F
最寄コンビニ車で10分高鷲IC下のファミマ・
ひるがの高原のデイリー・
ひるがのICのファミマ(車で15分)
最寄温泉車で10分ふたこえ温泉(オススメ)
温泉牧華(車で15分)
その他コインランドリーM’sひるがの
が近いです。10分くらい。

ホワイトピアたかすもまた、車中泊しやすいといえます。駐車場の傾斜(寝ると気になりますよ!)、低温が要注意ですが。

【ホワイトピアたかすでの車中泊】
●食材・着替えがなくても、近くにコインランドリーやコンビニ・売店が豊富なので不問
(温泉牧歌の売店・コンビニ・スーパーが10分圏内で調達可能)
●駐車場が傾斜ありなので、場合によっては傾斜解消グッズを使いましょう。
●標高1000mあるので、防寒対策は念入りに。
※万一ギブアップしても、ホワイトステーションをつかう手まである。

近隣のコンビニ

最寄コンビニ(高鷲IC方面):ファミリーマート高鷲インター店です。
24時間営業は前泊するときには特に助かります。ただしお弁当系は夜間は充実してないです。ここは駐車場も広く、場所も解りやいです。

ファミリーマート高鷲インター店(旧サークルK)
近隣のコンビニ

最寄コンビニ(ひるがのSIC方面):ファミリーマートひるがのSA上り方面です。
24時間営業は前泊するときには特に助かります。SA内のコンビニですが、一般道からもアクセス可能です(クックラひるがので検索)。ちなみにひるがのSAのコンビニは、下り方面にもあります(こちらは一般道からアクセスしにくいです)

近隣の温泉

最寄の温泉(高鷲IC方面):「湯の平温泉」です。
利用料は700円です。こちらは館内で食事できませんが、隣の棟で食事可能です。

【利用料】700円
【営業時間】10:00
~21:30
【食事】隣の建物で可能

近隣の温泉

最寄の温泉(高鷲IC方面):「コージュ高鷲 ふたこえ温泉」です。
利用料は700円ですが、月曜日は男性400円、金曜日は女性400円となります。

利用料850円
営業時間<全日>
11:00~21:00
(受付終了20:00)
食事同一建物で可能
近隣の温泉

最寄の温泉(ひるがのSIC方面):「牧歌の里温泉 温泉牧華」です。
利用料は850円と高額です。ですが広く、食事も可能で、大変きれいなスポットです。売店の品ぞろえも充実していて食事・おみやげはもちろん下着類までも売っています。

利用料850円
営業時間<平日>
13:00~21:00
(受付終了20:00)
<休日>
11:00~21:00
(受付終了20:00)
食事同一建物で可能

子供連れで行く場合、強い味方なのはドラッグストアですね。21時クローズなので、利用はおはやめにどうぞ。

近隣のドラッグストア

最寄の温泉:「ゲンキー 郡上白鳥店」です。
田舎町の小さなストアではなく、巨大店舗で品揃えも凄いです。(美濃白鳥という町がそもそも1万人超えの町で、周囲か人が集まる場所のため)

営業時間09:00~21:00

車中泊をされる方、こちらも参考にください。

【スキー車中泊での工夫集】
●車中泊で活躍する食材➡こちらをクリック下さい
●寒さ対策まとめ➡こちらをクリック下さい
●車の装備・DIY➡こちらをクリック下さい
●どうしても車中泊で布団使いたい➡こちらをクリック下さい
●スキー車中泊で死なないため➡こちらをクリック下さい

【独断で結論】ホワイトピアたかすは、こんな人向き

車中泊売店が車10分圏内で、
食材・着替え・インナーなんでも揃う。
ドラッグストアは25分位で
「ゲンキー郡上白鳥店」がある。
初心者デビュー◎◎初心者練習バーンは「レッツピア」。
センターから近・高速滑走の危険少・
しかもベルトコンベア完備はレアです!
幼児連れてく託児は無理なので大人2人ではダメ
センターから近い「キッズピア」は
時々無料開放なのが嬉しい
上級者バリエーション少な目
ゲレンデスペックオープンの速さ・
北斜面ゆえ雪質がいいことが高得点
追加無(4300円)で7時から滑れてオトク

車中泊は「傾斜」さえ気を付ければ、あとはなんとかなると思います。いざというときの救済措置「宿泊」もあるので、安心できます。低温はどのゲレンデも標高1000mで寒いですから、一緒です。いざって時の救済もありますし、早起きしたら7時から追加無で滑れるのは魅力的。管理人的には車中泊にかなりオススメです。

スキーデビューには間違いなく、一番優しいゲレンデです。500円かかるといえ、「レッツピア」のベルトコンベアは有難いです。べつに親子連れじゃなくてもOKです。

「安く滑りたい(4300円)」「車中泊したい(店近い・いざってとき救済あり)」「初心者デビューに優しい」・・・色々なニーズを満たしてくれるいいゲレンデです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました