スキーの為の持ち物の準備

スキー

管理人的に必要or便利 なスキーグッズ(持ち物)を紹介いたします。スキーはとにかく荷物が多くなり、準備が大変です。準備には慎重になって下さいね。

【管理人プロフィール】
●スキー場通いは10年以上・年5回以上。
●夫婦+子供でもスキー、自分+友人ともスキーへ行く。運転手も全て管理人。
●スキー技術>逆ㇵの字・カービングターンが可能。中級コースのコブ滑りを練習中。
●雪国暮らしではない。

【持ち物】スキー用品(これがないと滑れません)

必要
持ち物コメント・目安の値段
Cスキー板中古で可だが、カービングスキーを。
滑走面きれいなら10年以上もつ。
新品:40000円~、中古:10000円~
Cスキーブーツ中古でも十分。
ゴム底壊れた程度なら補修カンタン。
本体のプラが割れたら買い替え(補修不可)。
新品:17000円~、中古:5000円~
Cストック中古でも十分。
Bスキーウエア新品がいい。
できればスノボ用<スキー用ウエア
を選びたい(使い勝手がいいから)
新品:12000円~
Bスキー用靴下新品で。スキー(スノボ)専用を。
ブーツ締め付けで痛くなる・雪侵入に強い為。
Bグローブ新品がいい。重ね着できない部分なので、
高くてもゴアテックスを準備しましょう。
Bニット帽or
ヘルメット
新品がいい。頭の形は十人十色なので、
通販でなく実店舗で採寸購入すると失敗しない。
ヘルメットのほうが安全。
Cゴーグル中古でもいい。グラス色はオレンジ色
だと万能でオススメ。
サングラスはカッコイイが安全じゃない。

スキーするために必要な持ち物・これがないとスキーできない物です。自分で準備していく必要はありません、なぜならスキー用品はどれもB(現地で揃うが、他で使いまわし利く)かC(現地で揃う)です。準備してなくても、ゲレンデレンタルでピッタリのものが用意できるからです。

よくパンフレットなんかで「持ち物なし・準備なし手ぶらでスキーできます」

と宣伝してるのは、これらはたいてい全部レンタルできるからです。

ですが、Bで書いた持ち物はスキー場以外でも使いまわしが利く持ち物ばかりです。その例を挙げます。

スキーウエア

【スキーウエアの使いまわし】
●スキー以外にも、「来る途中でスリップ・事故した時(必ず車外にでるから)」「雪かきの時」「冬の雨・雪の時(蒸れず水も弾くのでレインコートより優秀)」で活躍します

個人的にですが、ウエアは防水性さえあればそこまで気にしなくても、と思っています。問題になるのは耐寒性よりもむしろ透湿性です。

管理人は15000円で上下セットの安物を使用しています。めいほうスキー場山頂の―10℃でも(インナーフリースつければ)あまり寒くないのですが、問題は蒸れ。コブ滑りなどの激しい運動するとすごく汗をかいて、それが蒸れるのです。

でも逆に言えば、コブ滑りしなければそこまで汗をかかず、蒸れません。

ですから準備するなら普通に最低限の安物でいいのでは、と考えています。

スキーグローブ(いい物を使う事)

【グローブの使いまわし】
●スキー以外にも、「凍った道を歩く時(氷に素手を付くと怪我するから)」「寒い時」に普通に使えます。

グローブにはお金出してこだわって下さい。理由は「手先足先は直ぐ冷える(より防寒性が必要)」「手先は重ね着できない」「水がしみ込むと痛い(防水性が必要)」だからです。

管理人的オススメ、というか必須だと思うのは「GORE-TEX」の手袋です。管理人は以前安物グローブ使っていて、水がしみ込んでいつも霜焼けしていました。冷水がしみて冷たくなるので、グローブを外して胸に手を突っ込んで(orポケットのカイロで)温めていましたよ。そして防水スプレーでは防ぎきれず、悩んでいました。

ですが先日、GORE-TEXを妻からクリスマスプレゼントで頂きました。これが物凄く快適で、コブを滑って汗をかいてもサラサラのまま。溶けた雪を触ってもしみ込まない。スキー3時間ぶっとおしで滑っても冷えず。子供を教えながら滑るので雪触る回数増えたのに、悩みまったく無し。妻には感謝しっぱなしですよ。

ですからスキーグローブだけはケチらずに、高い良いものを準備してください。

そんなゴアテックスでも、準備するならこれは最安値クラスでおすすめです(これの赤を使っています)

ニット帽・ヘルメット

【ニット帽の使いまわし】
●ヘルメットだと使いまわせません。
●普通の冬服に使えます(=冬服に使っているのそのままゲレンデでも使えます)

管理人は昔ニット帽スキーヤーでしたが、今はヘルメットスキーヤーです。ヘルメットだと冬場の自転車通勤に使えなくはないですが、やっぱり使いません。

ヘルメットにすると持ち物がかさばる・増える(ヘルメットビーニーも買わないといけない)のですが、安心感は凄いです。それに汗で濡れてもヘルメット部分の保温性で暖かい。ヘルメットのお陰で安心感だけでなくて、暖かさまで手に入りました。

ただしこれらの持ち物は、レンタルすると高くつきます。それにレンタルする時間・レンタルスペースでの感染リスクがあります。できればレンタルは避けたいところです。自分で用意して4回くらい滑れば、レンタル代の元はとれます。

【管理人の場合】
●全て自前の持ち物です。
 ○スキー板・スキーブーツ・ストック➡ヤフオクで中古購入しました。
 ○スキーウエア・グローブ・ゴーグル・ヘルメット➡楽天で新品購入しました。
●ヘルメットには「GoPro ヘッドマウント」を付けています。GoProで滑走動画を撮っているからです。

スキー用品の収納について

スキー用品をそろえると、置き場所に困ります。モノが大きいからですね。

オススメは、DIYでこれら持ち物の収納場所を作る事です。管理人はDIYで作りました。

【スキー用品DIY収納棚のメリット】
●省スペースで、沢山のスキー用品を収納できる(天井までたっぷりと収納できる為)
●どのスキー用品でもアクセス容易に(どこに持ち物あるか一目瞭然)
●工具は六角レンチ1本でOK。(特別な工具の用意もいらない)
●拡張・高さ調節も可能。
●突っ張るので棚自体の地震対策はバッチリ(ただしスキー用品はしっかり固定する必要あり)
●雪で濡れても大丈夫(=濡れたスキー板・ブーツそのまま収納棚に干せる)
●スキー用品以外にも色々な持ち物を収納できる(リュック等)

作り方ですが、別記事に挙げさせていただきます。

スキー用品の置き場に困ったら
スキーをやる方の悩み。スキー用品置き場で、家のスペースをかなり喰って困ると思います。とくに都会のマンション暮らしの方は大いに悩むのでは。管理人も悩んでいました。【管理人の場合】●3LDKのマンションで家族4人で住んでます●...

見た目が殺風景でイヤだと思ったら、100均の装飾をつけてもいいです。(管理人は装飾していませんが・・・)

【持ち物】ゲレンデ便利グッズ

必要
持ち物コメント・目安の値段
Cスキー板
バンド
板を持つならあると便利。
肩かけて運べる上、風通しいいので錆・カビしない
Cブーツ
かばん
ブーツ持つなら必要。
Bバックパック防水使用or防水スプレーしたモノを。
スキー板バンド・かばん・フリース・飲み物などを
しまえてロッカー要らず、いつでも取り出せる様に
Aインナー
フリース
体温調節しやすくなる為。
ニット・ダウンだと洗えない・収納しにくい
・水ついたらOUTの為使えない。
B自撮り棒スマホで自撮りするために使用。
三脚は雪の上では立たないので使いにくい。
ヘルメットマウントの購入検討中。
➡GoPro+ヘッドマウント購入しました。
B水筒500㏄入るモノを。
あらかじめ飲み物入れてからゲレンデへ。
スキー中に暖かい物欲しくなった時に。
A非常食軽くて高カロリーなチョコレート・乾パン等。
万一遭難したときの為、三食分あれば十分。

これらはスキー場駐車場~ゲレンデ間 であると便利な持ち物です。

どの持ち物も、使いまわしが利くものが多いです。

【パックパックの使いまわし】
●登山の時にも使える。
●おでかけ時に子供用品を入れておく(両手フリーで子供抱っこできる)
●使わない時も非常食・非常用品を入れておいておく。

バックパックはよく「バランスが崩れるからイヤ」などと聞きますが、両手がフリーなので思ったほど干渉しません。それに後ろにこけたときのクッションにもなって、却って安心して滑れますよ。管理人はリュック背負いスキーを10年以上(10年前と同じリュックで!)続けています。

最低限の頑丈さ・防水性があればあとは皆さんの普段使いのものでも十分かと思います。(管理人はノースフェイスのホイッスル付きアウトドアリュックを10年以上愛用しています)

スキー板ベルト

スキー板を手を使わずに運べます。しかもベルトなので風通しがよく、万一ベルトのまま板をほかっておいても大丈夫。雪解け水で板が痛む、なんてことはありません。

自撮り棒

友達と2人で滑る時・自分の滑りを録画したいときに使えます。いまの流行は「ヘルメットにヘッドマウントをつけ、GoProカメラで録画」ですがそこまでしなくても・・・と思います。自撮り棒+自分のスマホカメラでもそこそこのモノは撮れますからね。

この自撮り棒のポイント
●かなり回転するので、ほしいアングルで撮影できる(背景と一緒に自分を撮影できる)
●リモコン使わなくても使える(管理人のリモコン電池は交換せず放置です)

【持ち物】食べ物(と車にあると便利なもの)

必要
持ち物コメント・目安の値段
Bスノーブラシ速く帰りたい方の強い味方!
車のフロントガラス積雪を素早く落とせる・
帰る時スキー板・ブーツの雪を落とせる。
エアガン渋滞も関係無し!ぜひ準備を!
Bジャンプ
スターター
スキー場でのバッテリー上がりは致命的。
スマホ等のモバイルバッテリーとしても使用可。
今どきのモノは小型ですよ。
B電気ケトル下記ポータブルバッテリーで使用する
沸騰に時間かかるので、移動中などに沸かしておく
Bポータブル
バッテリー
250Whは欲しい
電気ケトルの他に電気毛布にも使える
停電時の備えでも優秀
B昼食冷えるのでカップラーメン・スープ等おすすめ。
コロナ対策で車で食べるといいです。
Bレジカゴ2個持ち物がとにかく多いので仕分けしやすくする為。
1カゴはスキー用品用(ブーツ・板を干す時にも!)
もう1カゴは育児セット用に。
普段は勿論スーパーでの買い出し用。
Aマスク使い捨てマスクを人数分×4枚。
現地では手に入らない。汗と蒸気ですぐダメになる。

これら持ち物は、車にあると便利な持ち物ばかりです。

【管理人の持ち物は】
●スキーの時毎回、これらを持ってきます。
昼食は下記ページに挙げています。いつも通っていると同じ内容になります。
●稀に一人で来るときは、車に戻らずずっとゲレンデです。パン+水筒の紅茶を持って行って、ゲレンデ中腹レストランの片隅で食べています。

スノーブラシ

【このスノーブラシのオススメポイント】
●1000円以下と安価
●フロントガラス・リアガラスの雪を一瞬で飛ばせる
●スキー板・ブーツの雪もエアガンより早く飛ばせる
(帰り際のエアガン渋滞も関係なし)
●ふだんの生活でも、冬場の凍り付き・積雪時にすぐ車をだせるようになり便利。一家に1本あるといい。

ジャンプスターター(兼モバイルバッテリー)

【このジャンプスタータのおすすめポイント】
●車の発動回数がなかり多い
●バッテリー上がりしなくてもモバイルバッテリーとしても優秀。iPhone11Pro2回フル充電。
●充電コネクターは3分岐のものがついてきて便利(友人+自分のスマホ同時充電なんかもできました)
●モバイルバッテリーとしてはちょっと重めだけど、ジャンプスターターとしては軽量・コンパクト。
●安価で5000円以下で買えるジャンプスターターは少ない。

ポータブルバッテリー

電気ケトル使用の為に使います。これで最低限かなと思います。車中泊で1泊するのに最低限で、266Whで最安値クラス、管理人も使用中です。

電気ケトル

これが車載用として最良でしょう。安く、保温性も良く、温度調整もでき、しかも大抵の車ドリンクホルダーにおさまります。湯沸かしに20分かかるので(W数の小さい車載用なので仕方ないです)、セットしてから他の事をして沸かし時間を確保しています。

昼食

昼食は準備しておくとかなりラクです。何も当日・前日でなくても大丈夫です。冬なら車につんでおける食材はいくらでもあります。

【昼食を準備しておくメリット】
●レストラン混雑での時間ロスをなくせる
●レストラン混雑でのコロナリスクを避ける

冬なら常温で、積みっぱなしにできる食べ物一覧です。

【車中泊向き】車に積みっぱなしできる食事
車中泊するとなると、食事に結構困ります。冷蔵物は無理だし(車載冷蔵庫が必要になる)、電子レンジも包丁も使えません。炊飯器もほぼ使えません(別途、2合炊きの炊飯器買ってポータブルバッテリー接続になるけど)。それに栄養バランス...

管理人は「車に積んでおける食材」を(レジカゴでなく)コンソールサイズのボックスに詰めています。

余談:このコンソールボックスはサイズがポイント
●車中泊したときにシートと前座席の間の隙間をうめてくれる。
※車中泊する人ならピンと来るはず。隙間埋めて快眠は翌日のパフォーマンスに影響
●運転席で食事するとき、コンソールにピッタリのサイズ。フタはテーブルにもなる。

【持ち物】車の準備

必要
名称コメント・目安の値段
Aスタッドレス
タイヤ
常識です。そもそもスキー場に辿り着けません。
A
四駆orFF
の足回り
四駆>FF>FRの順に安全です。
FRでスキー場行き、
動けなくなった知り合いを知っています。
A満タンの
ガソリン
なるべくスキー場駐車場には満タンの車で。
万一事故(自分が安全でも対向車のスリップ等)した時
ダメージが大きいため。
Bルーフ
キャリア
長いスキー板を外に出せるだけで、乗れる人数が増えます。
板の雪払わずにすぐ帰れます。

スキー場にガソリンスタンド・車メンテ工場は当然ありませんので準備するしかありません。

よくスキー場でルーフキャリア付の車見かけるのは、板で車のスペースをかなり喰うからです。板を車載できないと5人乗りの車に3人しか乗れなかったりします。雪を飛ばさないと帰り道、板とブーツの雪でべたべたになります。

【管理人の場合】
●車はフリードスパイクのハイブリッド、FFです。
●タイヤはスタッドレス。※これでも滑る事あります。
●ルーフキャリアつけています。
●天井・各ドアには断熱材を入れています(GS社のメタルシート)。
●各窓の目隠し兼断熱シェードを積んでいます。
※断熱材は立ち往生した時の備え&車中泊の必須装備

以下は車中泊される方に参考になるかと思います。

404 NOT FOUND | 茶助の備忘録
薬剤師が語る手堅い投資・薬剤師進路の現実

【持ち物】子供用品

必要
名称コメント・目安の値段
Aおむつゲレンデでは手に入らない
ふもとのドラッグストアが最も確実
A着替え一式雪遊びでずぶ濡れ
Aタオル雪遊びでずぶ濡れ
A離乳食or
幼児食
保存利くものを車積みっぱなしだと
ラクです(スキー行かなくても)
AA母子手帳

子供用品はどれもゲレンデではまず手に入りません。(どこも子育て世代に優しいゲレンデ、と謳っているんですがね・・・)。その為このサイトでスキー場紹介するときは、必ず最寄りのドラッグストアのルート&営業時間を案内しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました