キャラバンで4人車中泊する車内改造

ベース車:キャラバンを選択する理由

ベース車両は、以下とします。

【車中泊車 ベース車両】
「日産キャラバン」
●プレミアムGX 標準ボディ(=最小サイズ)
=4ナンバー5人乗り
●ディーゼル4WD

上記を選ぶ理由はこれです。

●車内で4人車中泊(大人2人+子供2人)できる大きさ

 ➡車内でベッドキット使用で可能に。運転席の後ろは長さ3050㎜×幅1520㎜×高さ1325㎜の長大スペースあり。

小型貨物車4ナンバーバンクラスでNo.1の荷室広さ。
日産HPより引用

●普段使いできる程度に小さい

 ➡5ナンバー乗用車サイズ(=4ナンバー貨物車サイズ)に収まるほどコンパクト。立体駐車場、スーパーやマンションの駐車場もなんでもOK。

 ※長さ4700㎜×幅1700㎜×高さ2000㎜以内のサイズ。5ナンバーサイズと全く同じ。車内広くとも、サイズは意外とコンパクト。

●維持費の安さ

 ➡4ナンバー車なので2年間維持費が安く96000円程度。何とエコカーかつより小さいプリウス・アクア(ともに11万強かかる)よりも安い。

※自動車税・重量税・自賠責保険・印紙代の合計

車内の広さの割に、安くつきます。

●燃費が良い

 ➡(安価な)ディーゼル燃料で10.2Km/L。燃料費で比較するとガソリン車の12Km/Lと同程度。

※さすがに街乗りでストップ&ゴーが多いと8Km/Lくらいに落ちます。でもディーゼル燃料なので安いです。

●雪道・悪路走破性もいい

 ➡4WD+ディーゼルの高トルクで走破性高い

●盗難リスク低い

 ➡キャラバンは窃盗団が見向きもしない。盗難率ベスト10にも入らない(上位はプリウス・ランクル・ハイエースなど。これらは専門の窃盗団が存在し、盗まれやすい)

●古い年式・長距離走行しても値崩れしにくい

 ➡10年おち10万キロでも150万以上で売れる。ディーゼル車は構造シンプルで故障しにくく、さらに高値がつきやすい(さすがにハイエースには劣る)

●車内のカスタマイズ性が高い(ベッドキット、ルーフレール等グッズ豊富、シート改造も将来可能)

 ➡将来的に7~8人乗り必要になっても、車やの追加改造でOK。

 ➡ベッドキットがあれば荷物+2人の就寝スペースを両立できる。車内スぺースの有効活用に。

※ラゲッジユーティリティナットの位置について

各部ナットの活用方法
日産HPより引用
ユーティリティナットの大きさ(日産HPより引用)

これを全て満たす車は、上記モデルのキャラバンです。キャラバンはコンパクトで運転しやすいのに4人寝れる位車内が広く、パーツが豊富なので車内カスタマイズ性も高く、燃費も悪くなく、値崩れもしにくく、維持費もエコカー以下とお得で、それでいて盗まれにくい車です。

【車内シート改造(車屋さんで・個人DIY不可)】

キャラバン=5人乗り(プレミアムGXの場合)と思いがちですが、実はシート改造で8人乗りまでは対応できます。

車体シート改造するなら、下記3パターンのどれかになるでしょう。。

【車体改造は3パターン】
●現在も6人以上がのる場面あり➡4ナンバー8人乗りのシート改造
●いまは必要ないが、数年後6人以上がのる場面がでてくる➡(必要になったら)3列目追加・5ナンバー化のシート改造、それまでシート改造しない
●現在は6人以上のる場面が無い➡シート改造しない

●4ナンバーで8人乗りにシート改造する

➡個人DIYではできません。「懇意の車屋さん」におねがいする必要あります。

※4ナンバー5人乗り➡4ナンバー8人乗りへの変更申請ができない。またシート取り付けのためのレール設置も無理。

➡伊原工業(取り扱い代理店はWORKVOX)のREVOシートを使用する。取り付け工事は「懇意の車屋さん(専門店でなくても大抵できるらしい)」のほか、「その他キャンピングカー専門店」「IFUU(キャラバンカスタムで有名なお店です)」などで可能。

●3列目追加&5ナンバー変更のシート改造する。

➡個人DIYではできません。「懇意の車屋さん」にお願いする必要があります。

※「STEALTH」「350モータリング」さんなどが作る「オリジナルの3列目シート」を、作ってもらう。はめ込み穴をあける必要あり。

➡追加3列目シートはREVOシートの様なキットが存在しません。ですが追加3列目シートをみたところ、これはプレミアムGXシートの改造でできています。あとは内装へのはめ込み穴をつければできそうです。もちろん素人がこのような改造するのは危険だし、安全性試験をうけることもできません。プロの車屋さんに相談しましょう。

【車内改造(DIYで可能)】

●車内の断熱防音(ぜひ最初に!)

➡自作可能。内装を剥がし、「防音材レアルシルト」「断熱材メタルシート」を順に貼る。

車中泊で冷暖房のききめをよくし、高速走行時の風きり音を和らげる。車内での会話・DVD鑑賞も快適化する。

リア側・フロント側で別々に外れます。ルーフインナーバーや二段ベッド固定具などあると全て外す必要があります。つまりフルカスタマイズする前に最初にやるべき改造です。

内張り | NV350キャラバンの全て

防音材・断熱材はエンジンルームとおなじものを使います。

高耐久防音材・レアルシルトを天井にフル貼付(管理人車)
断熱性・メンテナンス性最強のメタルシートをフル貼付(管理人車)

●ベッドキット追加

➡ぜひやってほしい車内改造。自作可能。キット購入も可能。

36㎝高にすればセカンドシートをフルリクライニングしたときの高さ(35㎝くらい)とも合うので、車内に3mと長い(ベッドキット~シート部分までの)フルフラット空間を作れるようになる。

【このベッドキットのポイント】
●価格は62,000円程度、安い
●セッティングに工具不要(手ネジなのでカンタン)
●使わない時はベッド板を収納でき、広々スペースを生かせる
●ベッド足場の一番前ぶぶんは伸縮できる➡2列目シートをフルリクライニングし、広々ベッドスペース化できる
●高さ調節が36㎝(フルリクライニング時にフルフラット化できる)にできるのがポイント高い

・・ちなみに管理人ですが、ベッドキットは購入せずすべて自作しています。理由は思い通りのレイアウトにしたかったのと、安くしたかったから。自作してから「市販品買った方がよっぽどラクだった」と後悔しています。自作の手順はこちら。

【車中泊DIY】キャラバン ベッドキット(分割型)を自作DIY
キャラバン(又はトヨタ・ハイエース)を乗る方は、必ずベッドキットを考えるはずです。でも問題点がありますよね。ベッドキットが高価ということ。簡易型だと5万円程度。分割型だと12万円以上します。でもよく考えてほしいです。車中泊...

●二段ベッド追加

➡自作可能。サイドユーティリティナットと窓枠で固定する。子供2人寝るスペース&ふだんは荷物をつむスペースにできる。車内といえども、ハイエース・キャラバンほど広い車内なら二段ベッドも快適にできます。

2段ベッドキットは高価(20万円とかかかります!)・かつ車体穴あけ(修理歴扱いで査定ダウンしたりします!)するのでオススメしません。

<以下・構想中>
オススメはイレクターパイプ(スペーシアパイプ)で自作し、ユーティリティナットに固定することです。

だいたい荷室幅1520㎜×長さ1500㎜×高さ450㎜程度はとれますので、その位でつくることをおすすめします。マットは4分割くらいにすると収納しやすく、テーブルとしても使えるはずです。また手すりをつければ、転落防止&色々なものをひっかけられるのでオススメです。

●はしご追加(リアラダー)

➡キットを購入して、はめ込むのみ(穴あけ加工不要)。はめこみ部分の錆に注意のこと。

※ルーフキャリア使わない人には不要。使う人には必要(ないと登れない)

※管理人は非採用

●ルーフキャリア追加

➡自作可能。イレクターパイプ+プラスチックジョイントで。

スキー板、サーフィンボード、自転車などを取り付け可能にする。

外部サイトですが、参考にどうぞ。さびないアルミやステンレスで作るのはいいアイデアですね。

[日産 NV350キャラバン]イレクター筍で極低ルーフキャリアをDIY
みんカラ(みんなのカーライフ)とは、あなたと同じ車・自動車に乗っている仲間が集まる、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)です。

ルーフキャリア自作レシピ
※ルーフのネジ穴はM8×25㎜長さ・左右4か所ずつです
●ステンレスパイプ 2500㎜×2本
●手ネジM6×20㎜×8個
●アルミスペーサー ×8個
●イレクターパイプジョイント ×8個
●ノーマルベンド28㎜用 ×4個
●イレクターパイプ直線接続ジョイント×4個

※管理人は非採用

●ルーフインナーバー追加

➡自作可能。ルーフユーティリティナットを使用し、イレクターパイプ&アタッチメントで。

洋服類のハンガー掛けがしやすい。小物、ランタン照明類もひっかけられる。

外部リンクですが結構参考になります。パイプは、ルーフキャリアと共通のさびないパイプを使うのがよさそうですね。

※パイプに直接穴を空ける方法もありますが、穴の位置がずれやすく、あとあとの微調整がきかないためユーティリティナットに歪み・ダメージになる場合が多いです。素人がまねできる方法ではないでしょう。

【車中泊DIY】キャラバン ルーフインナーバーで収納効率UP
キャラバンにルーフインナーバーがあると便利です。単純に収納がふえるだけでなく、高い位置の収納は何かと便利なのです(サンダルや靴、サンシェード、お風呂セット、軽食などを収納するときの使い勝手は最高。カーテンなんかも付けれます)。これ...

【キャラバン ルーフインナーバー自作(両側ぶん)】
●パイプ(直径28㎜パイプ) 1200㎜×2本
●アタッチメント ×8個
●メタルジョイントHJ-1 ×8個
●M6×長さ20㎜手ネジ ×8個
だいたい占めて6000円程度(キットの1/2以下で買える)

直径28㎜パイプ

アタッチメント

メタルジョイントHJ-1互換

6㎜の手ネジ

もちろんキット購入も楽でおすすめです。買っても片側12000円くらい、両側24000円くらい。

●エンジン室の断熱防音(プロに任せましょう)

➡自作可能。エンジンカバーを外し、「防音材レアルシルト」「断熱材メタルシート」を順に貼る。

ハイエース・キャラバン特有のエンジンのうるささ・エンジンルームの高熱を和らげる。(キャラバンはタイヤ・エンジンの真上に運転席があるのでうるさくて高温という弱点)

外部リンクなのですが、結構わかりやすいですよ。

エンジン周りのデッドニングと吸音断熱材施工 | NV350キャラバンの全て
本日もNV350キャラバンカスタム作業です。エンジンルーム周りのデッドニングと3Mシンサレート吸音断熱材施工です。地味に面倒なカスタムです・・・

防音材レアルシルト。エンジンに近い方に敷きます

断熱材メタルシート。熱伝導率0.023と最良で、しかも結露しません。運転席に近い方に敷きます。ただしエンジンは熱が凄く、メタルシートといえどもそこまで断熱ではないので敷けないかもしれません(管理人はエンジン接触するので断念、元々あるパンチカーペットで断熱しています)

製品販売/GS 株式会社ジーエス
GS 株式会社ジーエスは、軟弱地盤に最適なコンクリートを使用しない地盤補強「NSスパイク」などの建設資材や道路管理商品を取り扱っております。

※管理人は自分でやらず、車屋さんに購入時やってもらってます。

●床張り

ぜひやってほしい車内改造です。自作DIY可能です。車の下からの熱・冷気を遮り、また走行音をへらします。更には汚れにも強くなり、床にネジを打つこともできます。「キャンプ用品(食べ物や泥で汚れてる)」「スキー用品」「送迎時の子供の自転車、野球のスパイクやバット、ボールなど」も心置きなくおけて、でもサッと一拭きで綺麗になりますからね。

断熱材、コンパネ、店舗用フロアマットの順で敷きます。その形は既存のフロアマットを剥がして型取りします。

 ●網戸+ドアストッパーつける

車中泊に限らず、普段使いでも大活躍するアイデアです。たとえ泊まらなくても車内で食事するとき、網戸があるだけで虫を気にせず窓を全開にできます。高速のSAやPAで休憩するときも便利です。

勿論車中泊のときも優秀です。網戸といえば夏場の車中泊を思い浮かべますが、春秋でも夜間の車内暖房で結露した時、オープンできて空気入れ替えできるのは有難いですよ。

網戸は車中泊・普段使いどちらも活躍
ハイエースやキャラバンでは、網戸は大活躍します。【車内で網戸がほしい状況】●車中泊に限らず、ちょっとした休憩や車内食するときにも使える●暑い夏場にかぎらず、車内結露でジメジメするときも活躍する●ハイエース・キャラバンの場合は運転席...

 ●シートバック収納をつける

車中泊に限らず、普段使いでも大活躍するアイデアです。車内で食事するとき、運転席や助手席のシートバックに色々収納できていると楽です。つけるとこんな感じの図になります。

管理人は2個使っていて、以下を収納しています。自作したセカンドテーブルとあいまって、食事の準備時間が大幅に節約できています。忘れ物もしなくなるし、なによりどこにあるか解りやすいですね。がんばれば運転席・助手席からもアクセスできるのもGoodです。

箱ティッシュ標準サイズの箱そのまま使用可能
アルコール
ウエットティッシュ
食事の手洗いかわり・
汚れふきとり・
ビニル袋数枚食事のゴミいれに
食器類ステンレスのスプーン・フォーク
箸・それらのケース×家族4人分
箱の不織布マスク箱マスクもそのまま収納可能
子供用マスクもいれる

当サイトの「車中泊」にかんするページについて

コメント

タイトルとURLをコピーしました