【高配当戦略】高配当銘柄はその後高リターン!(シーゲル理論)

分析方法

悩む人
悩む人

配当金が好きなので、なるべく配当いっぱいくれる会社が欲しいです。でも高配当=危険で株安だから高配当化してるとききました。安全性はどうなのですか?

【この記事を書く管理人について】
●現役病院薬剤師。ヘルスケア株の生の情報を日常的に仕入れられる
●投資方法は現物の株のみ。それもバイ&ホールドのみ。
〇信用取引・FX・債券(ボンド)・貴金属には一切投資しない。損切せずただ機械的に買うのみのスタンス。
●投資歴10年(昔は貴金属のみやってた、株式は2019年~)、資産額1300万円程度、含み益+150万円程度
●2020年のリターンは+15%程度

こんな管理人が、解説いたします。

高配当だった銘柄はその後、好リターンになっている

高配当だった株のリターンは、高いです。

どうして言い切れるのかというとシーゲル博士の検証(1957~2003年)で、高配当グループは高リターンだったからです。

高配当グループが勝る例1として、ダウ30銘柄の追跡では「ダウ30銘柄平均よりも、ダウ10種(=ダウの犬)のほうが高リターン」となった事です。

【ダウ10種(=ダウの犬)】
●ダウ工業銘柄30銘柄のうちで、配当利回りが高い順10社の事。
●ダウの犬(英語のDogは負け犬の意味あり)とよばれる理由は、人気が落ちて株価低迷するなか、配当金は守られた結果高配当になっている為。

実証例として1957~2003年のリターン推移はこうでした。

【1957年~2003年のリターン推移】
●ダウ30種は12.00%、1000USDが183,460USDに
●S&P500は11.18%、1000USDが130,768USDに
●ダウ10種(ダウの犬戦略)は14.43%、1000USDが493,216USDに
 ➡市場平均の3倍近い額に。負け犬のくせにやけに強い

高配当グループが勝る例2として、S&P500銘柄の追跡では「500銘柄全て平均よりも、S&P10種が高リターン」となった。

【S&P10種】
●S&P500銘柄のうちで、①時価総額ベスト100の(=S&P100指数の採用銘柄)うちで、②配当利回りが上位10社の銘柄の事。

すると実証例として、やはり1957~2003年のリターン推移はこうでした。

【1957年~2003年のリターン推移】
●ダウ30種は12.00%、1000USDが183,460USDに
●S&P500は11.18%、1000USDが130,768USDに
●S&P10種は15.69%、1000USDが816,620USDに
 ➡ダウ10種より更に高い。

やはり高配当グループが、高いリターンをたたき出した事がわかります。

 ※しかしここで注意したいのは、「ある程度の企業規模が無いとダメ」という事です。企業規模というのはたとえば「ダウ30種に選ばれる位の大企業」「S&P500でも、規模上位100社(つまりS&P100銘柄である)」という事です。高配当でさえあればOK、というわけでもないです。

現在高配当株のリターンは、将来的に高くなると考えられるのでオススメできます。

高配当&連続増配15年以上となると、さらに高リターンも夢でない

高配当&連続増配15年以上となると、さらに高リターンも狙えます

なぜなら、シーゲル博士の検証(1957~2003)すみです。

【コア10種と名づけられた理由】
●条件は「連続増配15年以上」です
●15年もあれば一度は暴落を経験しており、それに耐えて増配し続ける位経営基盤(コア)がしっかりしている、という意味です。
●S&Pコア10種の条件:「S&P500銘柄のうち、時価総額上位100社(=S&P100指数採用銘柄)」かつ「連続増配15年以上に限定した」上での「配当利回り上位10社」となります

そしてやはりその結果は、S&P10種とS&Pコア10種は互角、ダウ10種よりダウコア10種のリターンが高くなりました。

【1957年~2003年のリターン推移】
●ダウ30種は12.00%、1000USDが183,460USDに
●S&P500は11.18%、1000USDが130,768USDに
●ダウコア10種は14.90%、1000USDが548,750USDに
●S&Pコア10種は15.68%、1000USDが811,593USDに

「コアのつく10種」のほうが、平均的にリターンがさらに良くなりました。

 ※S&P10種のリタ―ン≒S&Pコア10種のリターンで若干コアが負けていますが、ダウのほうは有意差ありでリターンが良くなっている

以上を勘案すると市場平均以上の高リターンを狙うならいわゆる「コア10種」、つまり現在「高配当&連続増配15年超す銘柄」を狙うのがおすすめです。もちろん15年ではなく、連続増配25年以上の銘柄(配当貴族銘柄)にしたってかまいません。

この文章のくだり~参考にした本~

今回の「高配当戦略」も、勿論この”赤本”の中にあります(第3部第10章に記載)。

○○戦略というのはシーゲル博士の言葉(の日本語訳)でして、これは「市場平均に勝ってきた法則の数々」「国際的な資産分散」を指しています。この利益をもたらす「○○戦略」とは、ざっとこれだけあります。

【市場平均に勝つための○○戦略】
高配当戦略(銘柄リスト):高配当株はおしなべて、リターンが市場平均より高い。

バリュー戦略(銘柄リスト):バリュエーションの安い銘柄は、リターンが市場平均より高い

セクター戦略(銘柄リスト):「ヘルスケア」「生活必需品」「エネルギー」業種は、リターンが市場平均より高い。この3種に分散投資することで、エネルギー高でのリターン減速をカバーできる

●国際分散戦略:米国株だけでなく、これから存在感を増すであろう(中国・インドなどの)途上国をポートフォリオに加える

➡全てこの”赤本”に載っています。このサイトで管理人自身も(バイアスをかけずに)検証し、近年も正しい事を検証してきました。

高配当株の一覧

【高配当戦略】米国株の優良高配当銘柄を捜そう(2021年4月現在)

ダウコア10種・S&Pコア10種

【高配当戦略】高配当グループ(ダウの犬等)(2021年4月現在)

コメント

タイトルとURLをコピーしました