【快適度⇧⇧】ポータブルバッテリーで楽しい車中泊に

車中泊

電気毛布=ポータブルバッテリーからの電気で使用します。電気を車から引くわけにはいかないからです。電気毛布に限らず夜間、電気使いたい場面は結構多いのです。車中泊となると車で「移動」だけでなく「生活」しないといけないので。

【ポータブルバッテリーが必要な理由】
●(冬は)夜通しで電気毛布使いたい
●(夏は)夜通しで扇風機を使う
●車載冷蔵庫を使いたい(ビールを車中泊場所で飲む・旅行先からの冷蔵おみやげ・夏場のアイスクリームの買い物時に便利です)
●タブレットの充電用に(子供の暇潰しに使えます)
●(不必要ですが)炊き立てのご飯を車で食べたい場合

ポータブルバッテリーの選び方です。そもそも冬場にポータブルバッテリーをつかうのは「電気毛布を夜通し使う」ためです。そうすると、極寒になってくる夜24時すぎ~朝6時まで6時間、使えればOKかと思います。※朝6時にはアイドリング可能。ほかの車入ってくるのでそもそも煩いし、駐車場なら雪かきもしてもらえます。

6時間の電力消費はいくらか?電気毛布はの消費電力は40W(わっと)なので、40×6=240Wh使います。余裕をもって260Wh必要と考えます。(一泊当たりですよ!) 最悪、夜間起きて車バッテリーをチャージしてもいいですが、バッテリ上がりしない程度に。

ポータブルバッテリーの選び方は、ポイントがあります。

●正弦波であること(交流のままだと電源ロスが大きいですよ)
●電気容量Wh数(1泊で260Wh、2泊で500Wh。夜間のケータイ充電・電気ケトル・冷蔵庫使うならもっと必要)
●最大W数(車内で炊飯器つかうなら300Wは必要)
●使えるポート数(USB-Cがあるとスマホ急速充電が可能)

<前泊1泊だけの最低限>

価格15,000円1泊用の最低限としては、最安値ランクです。
楽天・Amazonでは時期限定で割引クーポンもあり
バッテリー容量266Wh電気毛布40Wを、6時間使えます。
正弦波?純正弦波で、ムダがありません。
W数
300W
価格帯としては優秀。
炊飯器も2合炊きなら使えます。
USBポート
2個
(夏の)USB扇風機2台回しも可能です。
USB-Cポート
1個
スマホ・タブレットの急速充電も可能です
ACコンセント
(普通の家のコンセント)

2個
家電が普通に使えます。
シガーソケット勿論、車用の家電も使えます。

266Whかつ正弦波のバッテリーです。

管理人はこれ使っています。本当に一晩超す為だけの最低限です。もちろん1泊してから、シガーソケット満充電できるのなら何泊でもいけます。

ただし電気毛布を夜通し使うなら、夜間の電気ケトル・冷蔵庫などは諦める必要があります。スマホ充電もやめた方が良いですが、これはモバイルバッテリーで代替できてしまいます。

※管理人は「ジャンプスタータ付きモバイルバッテリー」をいつも持ち歩いています。冬場は車のバッテリー上がりも怖いですから。

<2泊以上する/夜間に色々使いたい>

電気毛布以外もつかうときは、250Wh程度では足りません。こちらを選びます。

価格50,000円1泊の間に電気毛布+その他を使う場合にオススメ。
500Wh超え・日本製・2年サポート付き。
バッテリー容量540Wh電気毛布と一緒に冷蔵庫・(車載用の)電気ケトルも使えます。
スマホ充電・扇風機もいけます。
正弦波?純正弦波で、ムダがありません。
W数
540W
炊飯器も2合炊きなら使えます。
USBポート
2個
(夏の)USB扇風機2台回しも可能です。
USB-Cポート
1個
スマホ・タブレットの急速充電も可能です。
「電気毛布・車載冷蔵庫と同時に」つかえるのが長所です。
ACコンセント
(普通の家のコンセント)

2個
家電が普通に使えます。
シガーソケット勿論、車用の家電も使えます。

・・・蛇足ですが、ワイヤレススマホ充電もできます。天板の上に置くだけです。ただし充電速度が遅すぎるので、コードが無い時の非常用と考えましょう。あと、ACコンセントが2つついているのはいいですが、大きいアダプタをつけると穴二つとも塞がってしまいます。ココ以外は品質・電気容量・サポートの厚さの割に安くて、オススメです。

※余談ですが管理人は、ポータブルバッテリーの無機質な感じがイヤでダイソーのリメイクシートをはっています。

※ポータブルバッテリー代は結構しますが、管理人は「株式投資」を超ガッツリやっていて年間20万位は配当金が入ります(1200万×年利2.1%程度・税引きして16%程度)。配当金から買っているので元手はなく、家計簿にダメージがありませんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました