スキー用品の置き場に困ったら

育児×スキー

スキーをやる方の悩み。スキー用品置き場で、家のスペースをかなり喰って困ると思います。とくに都会のマンション暮らしの方は大いに悩むのでは。管理人も悩んでいました。

【管理人の場合】
●3LDKのマンションで家族4人で住んでます
●しかしスキー用品棚を作ったので、省スペースです。

棚を作る時、将来スキーを止めてスキー用品を捨て・別なものを収納する時のことも考えました。そこまで見越してスキー用品だなを作りました。

現在はスキー用品棚ですが、将来は拡張・縮小もできるように工夫しました。また乱暴にモノを置いても動かない様に、固定出来る様にもしました。

【スキー用品DIY収納棚のメリット】
●省スペースで、沢山のスキー用品を収納できる(天井までたっぷりと収納できる為)
●どのスキー用品でもアクセス容易に(どこに持ち物あるか一目瞭然)
●工具は六角レンチ1本でOK。(特別な工具の用意もいらない)
●拡張・高さ調節も可能。
●突っ張るので棚自体の地震対策はバッチリ(ただしスキー用品はしっかり固定する必要あり)
●雪で濡れても大丈夫(=濡れたスキー板・ブーツそのまま収納棚に干せる)
●スキー用品以外にも色々な持ち物を収納できる(リュック等)

尚スキーに行くとき用意すると良い持ち物はコチラです。

スキーの為の持ち物の準備
管理人的に必要or便利 なスキーグッズ(持ち物)を紹介いたします。スキーはとにかく荷物が多くなり、準備が大変です。準備には慎重になって下さいね。【管理人プロフィール】●スキー場通いは10年以上・年5回以上。●夫婦+子供でも...

スキー用品棚 材料と道具

【材料】
●ダイソーのワイヤーネット(縦40㎝×横62㎝) 5枚位
●結束バンド 1袋
●瞬間接着剤(アロンアルファなど)※サンアロー接着液を買ってもイイです
●イレクターアジャスターJBS-401 2個
●イレクターキャップJ-110A 8個
●ゴムシート3㎜厚×10㎝×10㎝ 2枚
●スペーシアメタルジョイント(ニッケルメッキ)NSJ-1N 8個
●スペーシアメタルジョイント(ニッケルメッキ)NSJ-2N 6個
●スペーシアプラジョイントPJ-401W 4個
●直径28㎜のイレクター(又はスペーシア)パイプ白色かアイボリー
 ◆30㎝パイプ 2本<143円>
 ◆45㎝パイプ 6本<203円>
 ◆60㎝パイプ 7本<275円>
 ◆※長いパイプ 2本<250㎝で1122円>
 ※長いパイプは、天井~床の高さー2.4㎝程度で。購入店舗でカットしてもらう。
(=ゴムシート厚3㎜キャップ厚2㎜+アジャスタ厚1.8㎜+余裕0.1㎜程度)
●●費用:8000円程度です。

【道具】
●六角レンチ(メタルジョイントの取り付け用)
●ゴムハンマー等(メタルジョイントNSJ-2Nのパイプ打ち付け用

※ダイソーのワイヤーネットは横62㎝あるのがポイント。作る棚の横幅が63.5㎝なので、ほとんどピッタリになるのです。

※おすすめは、メタルジョイントはスペーシア用のメタルジョイント(ニッケル)を使う事。イレクター用のメタルは手に入りやすいですが、黒しかないし、十字の穴が開いてなくて細かい調節がしにくいです。

※プラスチックジョイントで作ると安いですが、接着剤固定する必要がありイレクターをもう取り外せなくなります。拡張性・強度を考えると最初高くてもメタルジョイントをオススメします。

スキー用品棚作り方手順

1.長いパイプ2本の片側に、キャップJ-110Aを打ち込みます
(床に接する部分のみ。床に傷つけない為に)。

2.棚の土台部分2か所に、ゴムシート(傷防止)を敷きます。
(あとで突っ張るので、床に力がかかって傷がつくため)

3.長いパイプにアジャスターを付け、天井に突っ張らせます。2本目は63.5㎝~64㎝くらい離して平行に突っ張らせます
(アジャスターはもっと強く突っ張れるタイプもありますが、コスト安く・どこでも手に入るのでJBS-401を採用しました。)

4.長いパイプのコーナー部分に、NJS-2Nを打ち付けます。

4.45㎝パイプは、片側のみキャップJ-110Aを打ち込みます。

6.この長いパイプに、60㎝パイプ3本を固定。その後、45㎝パイプを固定します。六角レンチで締めます。

7.30cmパイプ2本の両端に、プラジョイントPJ-401Wを平行につけます。瞬間接着剤で固定します。

8.この30㎝パイプを棚の土台部分に、筋交いにするように斜めに取り付けます。

9.4か所()に、60㎝パイプ4本を固定します。固定にはメタルジョイントNSJ-1Nを使用します。

10.最後に、ワイヤーネット40㎝×62㎝を取り付けます。取り付けには結束バンドを使用します。

・・・完成!

このくらい収納できます。

【使用例:管理人が収納している持ち物(スキー用品等)】
●スキー板・ストック・ブーツ 3人分
●スキー板お手入れセット 1セット
●スキーグローブ・ヘルメット・ヘルメットビーニー・ゴーグル1人分
●防水スプレー 2本
●スノーブラシ、雪かきスコップ 各1本
●スキーウエア 子供1人分
➡さすがに入りきらないので、スキーウエア・ヘルメットは別の棚も使っています。
※スペース的には縦いっぱい×横65㎝×奥行50㎝くらい使っています。
※オフシーズンにはリュックサックなども掛けています
※風通しいいので、ブーツと板をそのまま広げて、暖房で乾燥させています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました