【メリット沢山】スキーは日帰り?車中泊?その比較

スキー

スキー(スノーボード)されてる方は、こんな事を想うのではないでしょうか?(というかかつての私がそうでした)

悩む人
通いスキーヤー

朝の営業時間前に来たのに、一番近くの駐車場がもう埋まってる。うらやましい!でも車中泊は怖いからできない・・・

イチバン近くの駐車場というのは、スキー場入口すぐそばだったり、トイレ近くだったり、細い道の先じゃないで安い場所。そういう「みんなが停めたい」場所は夜明けにはすでに埋まってしまってるのです。

こんな風に駐車場ひとつとってもずいぶん違う、車中泊と通い。それを整理してみます。

車中泊(スキー場前泊) VS 通いスキー

車中泊(スキー場前泊)だと、メリットデメリットが随分ちがいます。

車中泊
スキー
通い
スキー
駐車場◎ベストポジション
を選べる
(朝頑張っても)
ちょっと遠い
出発時間◎ゆっくりでOK
(ゆっくり寝られる)
夜明け前になるので
とても早い(=ネムイ)
途中道路◎混まない
一番寒い時間ではない
スキー場近くで劇混み
一番寒い時間の移動で危険
駐車場代(入口清算なら)
◎かからない
×絶対かかる
寝具×マットレス・寝袋
など必要
〇いらない
食事△翌日の朝食・昼食
が必要
△翌日の朝食・昼食
が必要
車の改造×必要◎不要
お風呂
セット
△不要△不要
寝てる時
の危険性
×極寒の中車で寝る
➡車の防寒仕様・寝具
が必要に。危険性高い
◎暖かい家で寝る

スキーを車中泊(前泊)でするか、通いでするかの違いはこんな感じでまとめられます。

意外と同じなのは「食事」「お風呂」で、どちらも同じです。

車中泊の場合の食事は、夕食食べて風呂入ってから出発すればいいので不要なんです。でも通いスキーの場合、朝食たべてから出発したのでは遅すぎます。かといって運転しながら食べるのも良くないです(滑る雪道ですから)。そうなると朝食は持っていくことになりますので、結局同じなんです。

お風呂も車中泊の場合入ってから出発すればいいので、問題ありません。

そうすると、車中泊のデメリットは「車の改造」「寝具」「寝てる時の危険性」の問題です。ですがよく考えてほしいのですが、デメリットばかりでもありません。いざというときの備えになりますよね。いざって時は、地震などで被災した時。例えばあの東日本大震災は、雪の舞う3月11日に発生しています。家を失って車一つで避難し、車中泊となった人間も少なくありません。外は雪が舞う中で。そんなとき、車が防寒改造されていて、寝具があったらどうでしょうか?

ですので車中泊のデメリットは、裏を返せば防災の備えなのです。他はメリットが多く、食わず嫌いな方が多いのではと思います。

あと一つの「寝てる時の危険性」だけが、純然たるデメリットです。ただでさえ寒いスキー場で、一番さむい夜明け前をフルで過ごすので本当に寒いですよ。でもここさえクリアできれば、大丈夫なのです。

じゃあ次からは、上の表の項目(駐車場・出発時間・途中道路・駐車場代・寝具・車の改造・食事)について説明します。

駐車場・出発時間について

例として、家から2時間かかるスキー場に行くとします。そうすると、こんな感じになると思います。

車中泊スキー通いスキー
前日
まで
スキー用品一式・
寝具・バッテリー・
車中食を積んでおく
スキー用品一式・
を積んでおく
前日
19:00
夕食・風呂済ませ
出発
道中道中ガラガラ
そこまで寒い時間でない
21:00スキー場到着
駐車場所は選び放題
駐車場代たいてい0円
車を寝れる状態にする
22:00就寝
極寒の中車中泊
(車に改造等必要)
就寝
暖かくねられる
05:00起床
急いで準備
05:30就寝中スキー場へ出発
道中06:30頃?
ゆっくり起きて朝食
道中混雑でノロノロ
一番寒く凍る時間帯
07:30トイレ・着替え到着
駐車場所は遠い
駐車場代支払い
朝食・トイレ・着替え
08:00※チケット購入
滑り始める
※チケット購入
滑りはじめる

スケジュールつくると、こんなに違ってくるわけです。

もちろん通いスキーで、5時起きがイヤなら遅くてもいいです。でもそうすると、さらに道中混雑しますし、下手したら駐車場がない場合もあります。それに午後しか滑れなくなったりします。午後だけでOKという方ならアリだと思いますが・・。

比較を見ての通り、寝てる時の極寒にさえ耐えられれば、案外コスパよくてお得な車中泊といえます。

スキー車中泊の寝具

別記事に挙げます。

【救済あり】スキー車中泊は布団ダメで寝袋一択なの?
車中泊の寝具は家の布団を・・と思いがちですが無理です。スキー用品積んだうえで、さらに布団ではでかすぎて共存できません(移動中の置き場がありません)。ですから「慣れてる布団をどうやって持ち込むか」ではなくて、「布団ではなく寝袋になれ...

布団じゃなくて、キャンプ用品をおすすめさせていただきました。安くて、防寒性の高い寝具を選りすぐりました。

車の改造(防寒仕様に)

ただでさえ寒いスキー場の、いちばん極寒の夜明け前を車内で過ごさないといけません。準備が必須(しないと命がアブナイですよ)ですが、実は内装はがして断熱する以外は、作業もなくただ買いそろえるだけでなんとかなります。その準備について、詳しくは別記事に挙げます。

【暖房はダメ?】スキー車中泊ほぼ必須の寒さ対策
【スキー車中泊するための防寒対策】まず絶対忘れてはいけない前提条件があります。それは、「超低温」です。【スキー車中泊での絶対の注意】●外気温-15℃と思って考える事※春秋の、快適な時期のちょっとした冷えとはレベルが...

上記記事ではなるべくお金をかけずに、防寒にする改造を記載しました。

スキー車中泊の食事

別記事に記載しました。

【車中泊向き】車に積みっぱなしできる食事
車中泊するとなると、食事に結構困ります。冷蔵物は無理だし(車載冷蔵庫が必要になる)、電子レンジも包丁も使えません。炊飯器もほぼ使えません(別途、2合炊きの炊飯器買ってポータブルバッテリー接続になるけど)。それに栄養バランスが偏った...

これらを積みっぱなしにしておくのがオススメです。見ての通り常温保存OKで、調理時間とゴミの少ない食べ物は案外多くて、しかもバリエーションもありますよね。

管理人はもちろん食事は積みっぱなしです。(ちなみにスキー用品一式も積みっぱなしですので、準備の手間も全然ありません)

食材は非常食と似ていて、行くたびにたべて補充、つまりローリングストックしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました