スキー場割引券まとめ(岐阜以西エリア)

格安スキーリフト券の購入方法まとめ

【格安スキーリフト券の購入方法】
●WINTER PLUSサイトから購入
●株主優待券
●スポーツ用品店などのチラシ広告
●シーズン券買うとついてくる 

格安スキーリフト券
購入方法
割引率使えるスキー場備考
WINTER PLUSサイト35~50%OFFほぼ全て配送料500円
まとめ買いオススメ
株主優待券30~50%OFF一部スキー場
スポーツ用品店
チラシ広告
~20%OFFほぼ全て割引率はあまり
サイト検索でも無料で
簡単に手に入る
シーズン券のオマケ一部スキー場例)スノーパークだと
シーズン券に
10枚ついてくる
(2015年当時)

管理人的おすすめは、「WINTER PLUSサイトから購入」です。

WINTER PLUSサイトから購入:超早割(~9月)

格安リフト券を購入するならコレが最もオススメです。

【WINTER PLUSサイトから格安リフト券】
●会員登録が必要(無料・身分証明書は不要、住所などは必要)
●9月まで申込だと超早割で激安!
●発送は11月上旬から開始。
※シーズン開始後申込だとすぐ発送してもらえます

購入完了するとこんな感じ

外袋の表面(住所等)
外袋の裏面

中身~付属の広告です
中身~メインのリフト券はコレ!

基本的にはフロントで引き換えタイプの券です。がスキー場によっては、引き換え不要の券もあります。それがコレです。

中身~タカスダイナのリフト券は引き換え不要で便利!

株主優待券をGETする

使えるスキー場は限られています。奥美濃・飛騨・西日本エリアでみるとこんな感じです。

スキー場名エリアWINTER PLUS株主優待
高鷲スノーパーク奥美濃×
ダイナランド奥美濃×
ウイングヒルズ奥美濃
鷲ヶ岳スキー場奥美濃×
ホワイトピアたかす奥美濃×
めいほうスキー場奥美濃
スノーウェーブ
パーク白鳥高原
奥美濃×
スターシュプール
緑風 ひだ流葉
飛騨××
ほおのき平スキー場飛騨××
アルコピア飛騨×
モンデウス飛騨位山飛騨×
グランスノー奥伊吹西日本×
スキージャム勝山西日本
箱館山スキー場西日本×

岐阜県以西の主要どころ全部調べましたが、あまり多くないです。数少ない優待券を紹介します。

●めいほうスキー場 の株主優待

日本スキー開発、日本駐車場開発の株主になることでGETできます。

【めいほうスキー場の株主優待】
●1500円引き券×5枚(日本スキー場開発)か×3枚(日本駐車場開発)
●1枚で、大人5人まで割引
●平日リフト券4300円➡2800円、休日リフト券4800円➡3300円に割引
●7月末に株主だった➡10月末に送付されてくる
●日本駐車場開発は@140円×1000株=14万円、日本スキー場開発は@700円×100株=7万円で株主になれる
●オマケも沢山ついてくる

管理人は両方とも株主なので10月28日前後に毎年、計8枚の優待券をGETしています。中身を全部公開するとこんな感じです。

<送付物全部:日本駐車場開発>

<送付物全部:日本スキー場開発>

スキージャム勝山

【スキージャム勝山の株主優待】
●2枚(東急不動産HD株主であれば)
●1枚につき大人2人まで割引
●平日リフト券4800円➡2800円、休日リフト券4800円➡3800円に割引
●9月末に株主だった➡12月上旬に送付されてくる
●@650円×100株=6万5千円 で株主優待をGETできる
●オマケも沢山ついてくる

https://www.tokyu-fudosan-hd.co.jp/ir/stockandbond/incentive/pdf/leaflet.pdf

こちらは割引率がイマイチですが、安く株主になれます。福井県なので雪は多く、また5,800mのロング滑走(西日本で次点のめいほうは5000mです!)も楽しめます。

スポーツ用品店などにあるチラシ広告

割引率があまり良くないので、管理人は全く使っていません。

早割リフト券(10~12月上旬)

割引率が30~45%程度と大変オトクです。管理人もよく使います。

めいほうスキー場 公式HPより
ウイングヒルズ 公式HPより

転売サイトでリフト券・・禁止

・・・ちなみにやってはいけない購入方法は、「ヤフオク・メルカリなどで転売でGETすること」です。これははっきりと禁止されています。

ちなみに転売をする方になっても、あまりうま味ありません。スキーリフト券はどんな高くても3300円くらいでしか売れません。その10%はヤフオクやメルカリに取られ、配送料は出品者負担なので300円くらいかかります。つまり原価2600円くらいじゃないと、儲かりません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました