【始め方】5000$(USD)で株式投資するなら?(ノーメンテで機械的投資でOK)

リスト
悩む人
悩む人

投資はじめたての初心者だけど、投資信託の積立だけでは伸びない気がする。他に手堅くていい方法があったら教えてください。

では、管理人独断の株式投資の始め方を書きます。いろいろな実証済み理論(ジェレミー・シーゲル博士が米国市場をすべて統計とってみつけた法則群)をふんだんに組み込んで、永久保持に向いた株ばかりを集めました。

●株価だとか割安性だとか、一切知らないし勉強する気も無い
●忙しいから証券会社の画面見る暇ない

・・・こんなものぐさな方でもできる方法です。というか最近の私が、こうなりつつあります。

はじめに~迷ったらS&P500投資信託の積立がいちばん!

ぶっちゃけた話をすると、初心者のうちから個別銘柄を買いたくなる理由は「せっかくだから、個別株を買ってみたい」「真新しい業種に投資すればたいてい伸びるだろうから、話題の真新しい会社の株が欲しい」・・こんな所ですよね。私もそうでしたし、私をみて投資をはじめた同僚たちもみんなそんな感じでした。みんな「電気自動車」「全固形電池」「クリーンエネルギー」「コロナワクチン」といった株ばかりに目が向いていましたからね。そういう会社の個別銘柄を捜していましたよ。(いずれ投資初心者がやっている失敗と対策を、記事にしようかな)

そんな所でイキナリ話の腰を折ってすいませんが・・・よほどの事が無い限りは、S&P500の投資信託を買った方がいいですよ(やっぱり、と言われそうですが)。

その理由ですが、ここでは語り尽くせません。別記事にまとめておきましたので、参照して下さい。

【はじめ方】株式投資の初め方~初心者向け商品の買い方
悩む人株式投資を始めたいです。でも株式投資のはじめ方が解りません。具体的にどんな流れで、どんな商品(銘柄)をいつ買えばいいのですか??【この記事を書く管理人について】●2020年のトータルリターンは+1...

・・・それでも他の方法を使って、更なるリターンを狙いたいのなら次へ進んでください。(これまでの歴史上リタ―ンの良かった方法を詰め込んだだけなので、必ずもうかるとは保証できません。悪しからず。)

株式投資:管理人おすすめの始め方はこれだ!(スタート時点)

管理人が今から株式投資を開始するとして、買う方法を載せます。

戦略銘柄名セクター投資割合投資額配当
利回り
配当金10年リターン
3セクターVHTヘルスケア0.1667833.51.21%10.0853515.5%
3セクターVDC生活必需品0.1667833.52.52%21.004210.4%
3セクターVDEエネルギー0.1667833.53.42%28.5057-1.5%
高配当SPYD0.1667833.55.48%45.675814.1%
低PERVYM0.1667833.52.82%23.504714.9%
バリュー株BRK B金融0.1667833.50.00%014.2%
全体合計合計1.000250011.99%96.5625

こんな風に買います。買い方はETF5つとBRK Bの計6つに、均等投資するだけです。もちろんピッタリ833.5ドルを投資なんてできませんから、それに近い株数を買えばいいです。スタート時点でやることはこれだけです。

・・・疑問がわくかと思います。「買った後はどうするの?」「そもそもETFって何?」「5つのETFの意味は?」「買ったあとどうするの?」「そもそも、VDEは損してるのに買わせるの?」・・・。これ、後ほどお答えいたします。

株式投資:管理人おすすめの買った後はこうです

さっき6銘柄に均等分散して購入しました。でも当然ですが、6銘柄とも値動きは違います。そこで、次にやることはこれです。

月末に6銘柄のうちで、最も安い銘柄を10万円ぶん購入する

これだけです。・・・お気づきかと思いますがこの買い方は、知識も何もいりません。

【いらないもの】
●株価、PERやPBRなどの株式用語、その他知識
●セクターローテーションを気にする
●世界や米国の経済指数をウオッチ
自分の感情・勘
●会社の倒産心配すること

じゃあ売り時はあるのか・・?ありません。「長期投資」ですのでバイ&ホールド、ただ買っていくだけです。

株価がさがってこの銘柄はもう終わりだ、売ろうか!・・・売ってはいけません。むしろ安くなったところ沢山買えるチャンスです。

その理由はコレです。

【基礎知識】株の長期投資での誤った知識に注意!
。悩む人株式で長期投資(バイ&ホールド)したいのですが、どれがホント・どれがでたらめな情報(知識)なのか解りません。正しい知識・情報を教えてほしいです。【この記事を書く管理人について】●現役病院薬剤師。...

また「月末10万円購入」の方法にはメリットがあります。

●6銘柄で一番安い銘柄を買い増しする
=一番安くてお買い得な銘柄を、沢山購入できる

この買い方ですが、日本の投資家・バフェット太郎さん(米国のウォーレンバフェットと別人)が著書(バカでも稼げる米国株投資)で書かれている方法のコピーです。バフェット太郎さんは優良個別銘柄10種を、毎月末50万円ぶん機械的に購入とされていますね(私はファンド6つを、毎月末10万円分としています)。これが結構理に適った方法なので、参考にさせていただいています。

この本はこれから米国株投資はじめる初心者向けで、大変解りやすいです(私も愛読しています)。一部主観が入っていて「違うだろう」と思う箇所もなくは無いです(例:製薬会社ギリアドがバブルはじけて低PERになったあと、低PERがいいとは限らない旨の発言。これは木を見て森を見ずの意見なので間違いだと思っています)。ですがどうして株を10社に分散させるのか、その10社も業種を散らすのはどうしてかとか、解りやすさが素晴らしいです。

そもそもETFって何?

【ETFをめっちゃ勧めてくるけどそもそも何?】
※以下すべて管理人なりの解釈です。大筋当たっているはずです。
●上場投資信託の事をさします。投資先の分散性は投資信託と同じなのですが、投資のタイムリー性では個別銘柄と同じです。
(だから倒産➡紙屑になりにくい投資信託を、自分が欲しいと思ったタイミングで買える)
●ETFは投資信託=テーマに沿った銘柄の集まりです。
(例:VDEというETFのテーマは、米国エネルギー業種全体へ分散投資です。もちろん日本の投資信託で同コンセプトかつ低手数料(年間0.10%)で投資できるものは存在しません。ほかのETFも同様です。)
●また米国株へ分散投資しようとすると、投資信託よりもETFの方がはるかに選択肢が多く、しかも管理費用も安いです。

・・・ETFは各テーマに対しての分散がきいた投資方法で、安全性がとても優秀です。管理人の紹介するそれぞれのETFのテーマは

VHTヘルスケア業種全体に分散投資する
※一般向け医薬品・医療用医薬品・手術機器
・介護用品・ヘルスケア関連施設など
VDC生活必需品業種全体に分散投資する
※洗剤・歯磨き粉・飲料水・食品・
スーパーマーケットなど
VDEエネルギー業種全体に分散投資する
※原油の探索・抽出・精製・輸送など
SPYD米国主要500社(S&P500)のなかで、
配当上位約80社に分散投資する
VYM米国市場全体(上場銘柄5700以上あります)
のなかで高配当とされる約400社に分散投資
※結果的にかなりの低PER株揃いになってる

ザックリ一言でいうとこんな感じです。ひとくちにETFといってもテーマがあることが解ります。

戦略名:3セクターとは?

ジェレミー・シーゲル博士の提唱する「ヘルスケア」「生活必需品」「エネルギー」の3セクターのことです。

詳しくはこちらです。

【セクター戦略】製薬会社のランキング・一覧と将来性(管理人独断・2021年4月)
2020年末時点の各社パラメータ順位社名ティッカー国売上PER配当利回り連続増配利益率1ノバルティスNVSスイス48,65924.823.5%20.3%2ロシュRHHBYスイス47,48019.332.7%30.7...

この通り、この3セクターはリターン上位3業種なだけではありません。「値動きの上下が大きい分、格安時に仕込んでリターンを伸ばせる」「他業種と連動せず逆の値動きする」エネルギーが加わることでいい働きをしてくれます。

戦略名:高配当株とは?

株価の割に、配当金を沢山くれる株の事です。だいたい配当利回り3.5~4%超えで「高配当」と呼ばれるようです。

高配当を狙う理由はこちらです。※やはり管理人の主観ではなく、50年の歴史から解った法則です。

【高配当戦略】高配当銘柄はその後高リターン!(シーゲル理論)
。悩む人配当金が好きなので、なるべく配当いっぱいくれる会社が欲しいです。でも高配当=危険で株安だから高配当化してるとききました。安全性はどうなのですか?【この記事を書く管理人について】●現役病院...

この高配当株として大変優秀なのが「SPYD」です。市場平均をおおきく上回る成績を残し続けてきました。

※高配当株ファンドである、SPYDについて詳しくはこちら

【高配当ETF】SPYD(2021年5月現在)

戦略名:低PER株とは?

低PERというのは、PER(株価÷一株あたりの利益額)が低い事をさします。つまり稼げている割には株価が安い、過小評価されている株の事です。

じゃあなぜ低PERに拘るか、理由はこちらです。読んでもらうとわかりますが、うっかり高PER株をつかむとどれだけ大変か解っていただけるはずです。※管理人の主観は入れていなく、すべて50年間の歴史から解った法則です。

【バリュー株戦略】うっかり割高株(PER25超え)をつかんでいませんか?(シーゲル理論)
。悩む人株式投資していますが、株の高値掴みはイヤです。割安で掴むためのコツはありますか?【この記事を書く管理人について】●現役の病院薬剤師。医薬品・医療機器を毎日触るのでヘルスケア分野の生きたニ...

低PERが自動的に集まるファンドといえばVYMです。割安株ばかりを400も集めてくれるので、優秀なパフォーマンスを残してくれました。すでに割安なぶん、バブルがはじける心配もありません。これを加える事で安全性が高まります。

※低PERのファンドである、VYMについて詳しくはこちら

【高配当ETF】VYM(2021年5月現在)

米国株投資家は必読?上記の各戦略が載ってる本

アメリカ金融学の権威である、ジェレミー・シーゲル博士の超有名な著書です。世の中いろいろな投資本が出ていますが、この本の2003年当時の理論はいまでも使える上、「すべての銘柄を調べた」という信頼性・再現性は他の本にはありません。ここには感情論や推測の意見はなく、すべて検証に基づいて解った法則・傾向です。

【こんな方はチェック】
●S&P500指数以上のリターンを出したい
●米国の個別株を買いたい
●無用な損切でお金失いたくない
●新しい銘柄を買って、いつまでたっても儲からない
●そもそも自分の投資スタイルが正しいのか解らない
●株だけじゃ不安。国債・債券・金・貯金・信用取引は必要か解らない!

・・・というか私がこの本に出合う前、うっかりIPO株(UBERなど)に手出ししたり、持っていた石油株・銀行株(BDS B、HSBC、WBKなどでいずれもー55%の状態だった)を「世間一般にいわれる損切ルール」とやらで2020年4月に売ってしまい、大損失(ー40万です!)をだして後悔しました(私最大の失敗です)。この本を持っていたら損切したWBKやRDS BやHSBCを、損切せず買い増ししたのになぁと思ったものです。これを読んでたら歴史を理解して、自信をもって安い時にナンピンできていたのにね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました